ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【ポーレックス「コーヒーミル2」レビュー】使い方や手入れも簡単なキャンプ用コーヒーミル


f:id:yukichi_camp:20201216113431j:plain

キャンプ場で飲むコーヒーってなぜあんなに美味しいのでしょうか。

目覚めのコーヒータイムって至福の時間ですよね。

 

ぼくはいままで市販のドリップバッグコーヒーを飲んでいました。

それでも充分においしいんですが、最近ちょっと欲が出てきまして...

 

キャンプ場でも挽きたてのおいしいコーヒーが飲みたい!

 

と思うようになりました。

 

そこで以下の条件でコーヒーミルを探すことにしました。

  • コンパクト
  • ぼくと妻2人分は余裕で作れること
  • 自宅でも使えるおしゃれなもの

 

上記を満たすコーヒーミルって意外とないんですよね。

 

唯一すべての条件を満たすのがポーレックス「コーヒーミル2」だったので早速購入してみました。

 

ポーレックス「コーヒーミル2」についてレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

ポーレックス コーヒーミル2 外観

ポーレックス「コーヒーミル2」は日本製の小型コーヒーミルで、以下のの2種類が発売されています。

 

 

今回ぼくが購入したのはコーヒーミル2(3人分)の方です。

f:id:yukichi_camp:20201216113406j:plain

 

パーツはこんな感じ。カンタンに分解できます。

f:id:yukichi_camp:20201216113544j:plain

 

ポーレックス コーヒーミル2 スペックと使い方

ポーレックス「コーヒーミル2」のスペックと使い方をざっくり解説します。

スペック

本体:ステンレス

刃:セラミック

重量:約285g

【本体】

高さ:約20cm

直径:約5cm

【ハンドル】

長さ:約16cm

 

ポーレックス「コーヒーミル2」の本体はステンレス製なのでサビに強く丈夫です。しっかりと握れるので安心感があります。

セラミック刃は摩耗しにくく水洗いが可能。

f:id:yukichi_camp:20201216114357j:plain

 

使い方

本体にコーヒー豆を入れます。

公式では豆30g(3人分)とありますが、ギリギリ40g(4人分)までいけます!

f:id:yukichi_camp:20201216113701j:plain

 

つぎにコーヒー豆の粒度を調節します。

矢印の調節ネジを回すことで粒度が調節できます。

f:id:yukichi_camp:20201216123835j:plain

 

【粒度設定の目安】

 

f:id:yukichi_camp:20201216120904p:plain

引用:JAPAN PORLEX

調節ネジを締めた状態が【0】

調節ネジを【0】から時計回りに「カチカチ...」と回すことで1→2→3→4......と粒度が粗くなっていきます。

 

【粒度と適した器具】

細引き ▶エスプレッソ、水出し

中細挽き▶ペーパードリップ、コーヒーメーカー

中挽き ▶サイフォン、フレンチプレス、ネルドリップ

粗挽き ▶パーコレーター

 

 

ペーパードリップに適した中細挽き【7】で挽いてみました。

受け容器に挽いた豆が溜まっています。

f:id:yukichi_camp:20201216113747j:plain

 

粒度のムラが多少ありますが、ぼくはあまり気にならないですかね。

まぁそこまで味の違いが分からないので...!

f:id:yukichi_camp:20201216113854j:plain

 

あとはいつもどおりのペーパードリップのやり方で。

f:id:yukichi_camp:20201216114114j:plain

 

ぼくは1人分の場合はマグカップ直でやります。

f:id:yukichi_camp:20201216114229j:plain

 

やっぱり挽きたては香りがいいですね〜!

f:id:yukichi_camp:20201216114334j:plain

余談ですが、このスノーピーク「チタンダブルマグ」は口元が熱くならないのでコーヒーにおすすめです。

>>スノーピーク「チタンダブルマグ」レビューはこちら

 

 

ポーレックス コーヒーミル2 メリットとデメリット

ポーレックス「コーヒーミル2」のメリットとデメリットをまとめてみました。

6つのメリット

  1. コンパクト
  2. シンプルなデザイン
  3. 丈夫
  4. 粒度が調節可能
  5. 水洗い可能
  6. 部品のみ取り寄せ可能

 

ひとつずつ見ていきましょう。

1. コンパクト

家庭にあるもので例えるとドレッシングのボトルくらいのサイズ感ですかね。

キャンプでも自宅でも収納に困ることはないですね。

 

2. シンプルなデザイン

ロゴとか変なデザインが入っていなくてシンプルでミニマムな感じがいいです。

キャンプのみならず自宅のインテリアにもなじみます。

 

3. 丈夫

本体がステンレス製なのでしっかりしています。

サビに強いので長く使えそうです。

 

4. 粒度が調整可能

さまざまな淹れ方や器具に対応しているので、好みの味を見つけるのも楽しいですよね。

 

5. 水洗い可能

これが最大のメリット!

 

とくに据え置き型のコーヒーミルって分解できなかったり、分解できるとしてもややこしいものが多いですよね。

コーヒー豆は油分が含まれているので、ほったらかしにすると酸化していきます......想像するだけでも怖い!

 

その点ポーレックス「コーヒーミル2」なら分解も組み立てもめちゃくちゃカンタン。たったの10秒。

あとはサッと水洗いすれば清潔に保てます。

f:id:yukichi_camp:20201216114004j:plain

6. 部品のみ取り寄せ可能

刃の摩耗は避けられないものですし、部品を紛失した場合も新しいものを買わなくて済みます。長い目で見たらコスパいいですよね。

 

部品の価格や問い合わせはJAPAN PORLEX公式HPお問い合わせメールフォームからどうぞ。

 

3つのデメリット

  1. 大人数には不向き
  2. 土台がないので回しにくい
  3. 体力を使う

 

1. 大人数には不向き

せいぜい3〜4人分までしか挽けないので、5人以上の場合は別メーカーのもっと容量の大きいものを買うか、2回に分けて挽きましょう。

 

2. 土台がないので回しにくい

慣れの問題だとは思いますが、挽き心地そのものはなめらかでストレスはありません。引っかかりも少ないです。

 

3. 体力を使う

もしかするとこれが一番ネックかもしれませんね。夏なんかは小汗かくレベルです。

そもそも刃が小さいですし、粒度が細かくなれば回す回数が増えます。

でも、いい運動になると思えば悪くないですよ。

 

ポーレックス コーヒーミル2 レビュー まとめ

ポーレックス「コーヒーミル2」をレビューしてきました。

 

キャンプでも自宅でも使えるコンパクトなコーヒーミルを探している方にはおすすめです。手動のコーヒーミル最初の一台としてもいいんじゃないでしょうか。

 

以上、参考になれば嬉しいです。

 

 

▼コーヒー豆20g(2人分)が挽ける「ミニ」

 

▼関連記事