ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【ユニフレーム「山クッカー角型3」レビュー】ソロキャンプにおすすめの万能クッカー


f:id:yukichi_camp:20210108141909j:plain
ソロキャンプでは食事をサクッと手軽に済ませたいと思うものです。

  • ソロキャンプにおすすめのクッカーを探している
  • キャンプでラーメンをおいしく食べたい
  • 角型クッカーのメリット・デメリットは?

 

当記事ではこんな疑問を解決できればと思います。

 

世に出回っているクッカーは丸型が主流ですが、個人的には角型のクッカーのほうが使いやすいと思っています。

 

で、ぼくが愛用しているのがユニフレーム「山クッカー 角型 」

 

このユニフレーム「山クッカー角型」が万能すぎて、これさえあればもう他の調理器具はいらないと感じるくらい気に入ってます。

 

ユニフレーム「山クッカー角型」の特徴やメリット・デメリットなどをレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

ユニフレーム「山クッカー角型」 外観

ユニフレーム「山クッカー角型」はソロ〜2人に最適な軽量・コンパクトな四角いクッカーです。

 

スタッキングした状態がこちら。

f:id:yukichi_camp:20210108141947j:plain


バラすとこんな感じです。

f:id:yukichi_camp:20210108141909j:plain

大・小ふたつの鍋とフライパンがセットになっているため以下のようにオールマイティーに使えます。

  • 炊飯
  • 汁もの、鍋もの
  • 湯せん
  • 炒めもの

 

ユニフレーム「山クッカー角型」 特徴

スペック

【収納時サイズ】14×14.7×8.8cm

【重さ】449g

【材質】アルミ(本体)

【満水容量】鍋(大):1L 鍋(小):0.6L

【炊飯量】鍋(大):2合 鍋(小):1合

【定価】7,500円(税込)※高額転売に注意

※セット販売のみでバラ売りなし

 

材質がアルミなので軽いです。すべて込みで500mlのペットボトルくらいの重さ。

f:id:yukichi_camp:20210108142020j:plain

手に持った感覚はトイレットペーパーひとつ分くらいのサイズ感ですかね。例えが悪くてすみませんww

 

鍋(大)です。

f:id:yukichi_camp:20210108142050j:plain

【一辺】12.7cm

【深さ】7.5cm

【重さ】204g

1Lのお湯が沸かせ、2合のご飯が炊けます。

取っ手のグラつきもなく、しっかりしています。

 

ふたを取るとこんな感じ。

f:id:yukichi_camp:20210108142111j:plain

 

鍋(小)です。

f:id:yukichi_camp:20210108142130j:plain

【一辺】10.8cm

【深さ】6.4cm

【重さ】139g

0.6Lのお湯が沸かせ、1合のご飯が炊けます。

 

ふたを取ると。

f:id:yukichi_camp:20210108142150j:plain

 

フライパンです。

f:id:yukichi_camp:20210108142212j:plain

【一辺】13cm

【深さ】3.4cm

【重さ】106g

フライパンが付属した角型クッカーがほとんどないので重宝します。

 

収納袋も付いてきます。

f:id:yukichi_camp:20210108142234j:plain

 

スタッキングして収納するとこんな感じ。

f:id:yukichi_camp:20210108142251j:plain

 

 

5つのメリット

  • インスタントラーメンとの相性バツグン
  • レトルトカレーが温めやすい
  • ケトルとしても使える
  • 荷詰めしやすい
  • フライパン付き

 

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1.インスタントラーメンとの相性バツグン

ソロキャンプの場合、インスタントラーメンで食事をサクッと済ませることも多いですよね。

 

で、このユニフレーム「山クッカー角型」、インスタントラーメンが鍋(大)にすっぽりと納まるんですよ。

f:id:yukichi_camp:20210108142312j:plain

なにが利点かというと、麺を割らずに調理ができるんですね。ようするに麺が短くならないので、ズズズッと麺をすすることができます。

 

これぞラーメンの醍醐味。

 

鍋(大)は底が深いので、ラーメンと一緒に野菜やお肉を煮込めます。栄養バランスもバッチリです。

2.レトルトカレーが温めやすい

鍋(大)の横幅がレトルトカレーのパウチの幅にちょうどなんです。

f:id:yukichi_camp:20210108142331j:plain

ギュッと押し込んだりせずに、効率よく温めることができます。

 

鍋(小)でご飯を炊いて、鍋(大)でレトルトカレーを温めるなんてことも可能ですね。

 

3.ケトルとしても使える

丸型クッカーってお湯を注ぐのに向いてないんですよ。お湯の注ぎ加減を調節しづらいので、めちゃくちゃこぼれます。

 

角型クッカーの場合は、四角いカドの部分からお湯を注ぐことができるので、お湯をこぼしません。しかも、細く注ぐことができるので、ドリップコーヒーにも向いています。

 

なので、別でケトルを用意しなくてもOK。荷物を削減できます。

 

4.荷詰めしやすい

形状が四角なので、コンテナやリュックに詰めたときにデッドスペースができにくいことも地味に良いです。

f:id:yukichi_camp:20201110145717j:plain

引用:ユニフレーム公式サイト

 

5.フライパン付き

フライパンが付属した角型クッカーはレアです。ほぼ売っていません。

 

鍋(大)のふたがジャストフィットするので、蒸し焼きもいけます。

f:id:yukichi_camp:20210108151847j:plain

ぼくは朝食で使うことが多いですね。トーストを焼いたり、ハムエッグを作ったり。

 

で、このフライパンはフッ素樹脂加工されているので焦げつきにくく、洗うのがラクなのもいいです。

 

3つのデメリット

  • 水量の目盛がない
  • 焚き火はちょっと注意
  • 冷めるのが早い

 

以下で対処法も解説しますね。

1.水量の目盛がない

これがホントに惜しい。

 

まぁたいしたデメリットではないので、シェラカップなどで計量しましょう。ぼくはスノーピークの300mlのマグカップを必ず持って行くので、これでざっくり計量しています。

 

あわせて読みたい

 

2.焚き火はちょっと注意

本体はアルミなので直火OKですが、取っ手(黒い部分)が樹脂なので溶ける可能性があります。この樹脂は耐熱・難燃らしいですがムチャはしないほうがいいでしょう。

 

ぼくは焚き火に直接突っ込むときはフタを外しています。

f:id:yukichi_camp:20210108142050j:plain
なので、鍋はススでまっ黒ですが、フタはピカピカのまま。

 

3.冷めるのが早い

ご飯を炊いても蒸らしている間に冷めてしまいます。アルミは熱伝導率が良いんですね。逆にお湯が沸くのは早いですよ。なのでアルミは基本的には炊飯・調理に向いていると言われています。

 

対策としては、ご飯を蒸らす間はタオルで巻いたり保冷バッグに入れておくといいでしょう。

 

ユニフレーム「山クッカー角型」レビュー まとめ

以上、ユニフレーム 山クッカー角型について解説してきました。

 

ぶっちゃけ、これひとつあれば他の調理器具はいらないです。ホントに万能。

 

持っていて絶対に損はないスグレモノですので、コンパクトなクッカーを探しているならぜひチェックしてみてください。

 

 

 

▼別売りの純正まな板&湯切りボード

山クッカー角型に収納できます。

▼関連記事