ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【スノーピーク「チタンダブルマグ」レビュー】キャンプだけではもったいない超優秀マグカップ


f:id:yukichi_camp:20210414132605j:plain

おしゃれなキャンプ用マグカップといえば、やっぱりスノーピーク。
いろいろな種類があるスノーピークのマグカップのなかでも「チタンダブルマグ」が気になっている人も多いかと思います。

 

ぼくはスノーピーク「チタンダブルマグ」を3年以上愛用していますが、キャンプだけでなく日常でもほぼ毎日使い倒しています。もはや毎朝のコーヒーの必需品です。

 

スノーピーク「チタンダブルマグ」の魅力はキャンプに適した機能性だけでなく、デイリーユースに必須の「気軽さ」「タフさ」を備えていることだと考えます。

 

これひとつあればキャンプに日常に大活躍間違いなしです。

 

本記事ではスノーピーク「チタンダブルマグ」の

「メリット・デメリットは?」

「チタンってなにがいいの?」

「ふつうに洗えるの?」

などの疑問について解説します。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

スノーピーク「チタンダブルマグ」外観

スノーピーク「チタンダブルマグ」は軽量なチタンでできたダブルウォール(二重構造)のマグカップです。
つまり、チタンを二重にして、あいだに空気を挟んだ構造になっています。そのため保温性が高いといわれています。

 

ぼくは300mlタイプを愛用しています。
スノーピークらしい洗練されたデザインでシーンを問わず使えます。

f:id:yukichi_camp:20210414132605j:plain

300mlは大きすぎず小さすぎずで、使い勝手のよいサイズ感です。

 

ハンドルは折りたたみ式です。

f:id:yukichi_camp:20210414132600j:plain

コンパクトに折りたためるため、収納しやすい形状です。
折りたためないタイプだと、収納時にジャマになるので気に入っています。

 

底には「titanium」の刻印入り。

f:id:yukichi_camp:20210414132556j:plain

見てのとおり、表面が少しザラついています。
そのため手になじむ感触があり、滑りにくくグリップ感があります。

 

スノーピーク「チタンダブルマグ」特徴

スペック

材質:チタニウム
機能:フォールディングハンドル、二重構造

 

◆チタンとは◆
軽量、丈夫、サビにくい、保温性が高いという特徴があります。また、金属アレルギーを起こしにくいため、歯科インプラントや人工関節などにも使用されます。

 

容量  直径 高さ 重量 価格
220ml
70mm
80mm
75g
¥4,048
300ml
76mm
86mm
92g
¥4,378
450ml
86mm
97mm
118g
¥4,928

 

メリット

1.軽量コンパクト

キャンプでは携行性を重視する人も多いかと思います。
その点、スノーピーク「チタンダブルマグ」はどのサイズでも100g前後なのでまったく気になりません。

f:id:yukichi_camp:20210414132524j:plain

荷物量にシビアなソロキャンプや登山でも問題ありません。
また、ハンドルが折りたためるので、パッキングしやすいことも利点です。

 

2.熱くない

チタンは熱伝導率が低いため、温度がダイレクトに伝わりにくい特性があります。

 

つまり、あつあつのコーヒーが入ったマグカップを口につけたときの「アチッ!」がありません。また、熱くて手に持てないこともありません。
むしろ、じわっと温かいので冬は両手で包み込むように持ちたくなるほどです。

 

逆に冷たい飲み物の場合は、シングルウォールに比べて氷が溶けにくく、表面が結露しにくいメリットがあります。

 

3.なめらかな口当たり

スノーピーク「チタンダブルマグ」の淵は通常のマグカップにはない独特の形状をしています。

f:id:yukichi_camp:20210414132446j:plain

ツルンとなめらかで引っかかりがなく、くちびるに沿ったカーブが絶妙にフィット。
ぼくはこのスノーピーク「チタンダブルマグ」の最大のメリットだと感じています。

 

4.ふだん使いできる

スノーピーク「チタンダブルマグ」をキャンプだけで使うのはもったいないです。
主張のないデザインや堅牢性はデイリーユースにもピッタリ。職場で使っても良いのではないでしょうか。

 

ぼくにとっては毎日のコーヒーの必需品です。ドリッパーを直接乗せて淹れます。

f:id:yukichi_camp:20210414132529j:plain

ひとり分なら300mlがちょうど良いサイズですよ。

 

ドリップバッグも問題なく使えます。

f:id:yukichi_camp:20210414132535j:plain

 

5.経年変化

チタンは使い込むと微妙に色が変わってきます。

f:id:yukichi_camp:20210414132540j:plain

青みが出てきたり、虹みたいなグラデーションが出てきたり、だんだんと味わいが増してきます。育てる楽しみも醍醐味です。

 

6.プレゼントにも喜ばれる

スノーピーク「チタンダブルマグ」はギフトにもおすすめです。
我が家では妻も同じものを使っているのですが、両方ともいただいたものです。

f:id:yukichi_camp:20210414132545j:plain

正直なところ、様々ないただきもののなかで一番使っています。
それくらい実用的なので、プレゼントに迷っている人はぜひ候補に入れてください。プレゼントして「微妙だな...」と思われることはないはずです。

デメリット

1.保温効果はふつう

チタンは保温性が高いといわれていますが、実際のところ微妙です。ぶっちゃけ効果を感じたことはありません。
なので、保温に関してはあまり期待しないほうが良いです。

 

ただ、保温効果を上げる方法がひとつだけあります。

 

それは別売りのフタ「ダブルマグ用シリコーンリッド」をつけることです。

f:id:yukichi_camp:20210414132508j:plain

この「ダブルマグ用シリコーンリッド」があるのとないのでは、保温効果に雲泥の差があります。

 

すき間なくぴったりフィットするため、熱を逃しにくくなります。

f:id:yukichi_camp:20210414132458j:plain

f:id:yukichi_camp:20210414132453j:plain

取り付けたまま直接飲めるため、しばらくのあいだ温かい状態で楽しめます。また、キャンプではホコリや虫対策にもなりますよ。

 

注意点は「ダブルマグ」専用で、サイズが「300ml」「450ml」の二種類のみということです。「シングルマグ」や「220ml」には対応していません。

2.スタッキングできない

同じサイズのものは重ねられません。

f:id:yukichi_camp:20210414132551j:plain

こればかりは仕方ありませんね。スタッキングできれば最強なのですが...。
ちなみに、「450ml」+「220ml」ならスタッキングできるようです。

 

3.直火NG

「ダブルマグ」は火にかけると、真ん中の空気層が膨張するため変形・破裂します。キケンなので絶対に火にかけないでください。

 

「シングルマグ」なら直火OKです。「ダブルマグ」も「シングルマグ」も外観がよく似ているので選ぶ際は注意してくださいね。

 

4.価格が高め

スノーピーク「チタンダブルマグ」は4,000円〜と、マグカップとしてはやや高めです。

 

しかし、ふだん使いできることや長く使えることを考えると、トータルではコスパが高いと思います。
これひとつあればスタメンとして毎日使えるので、決して高くはありません。

 

手入れ方法

スノーピーク「チタンダブルマグ」はチタン製ですが、食洗機も問題なく使えます。ふだん通りに洗えばOKです。


茶渋が溜まったり、色が沈着した場合はキッチンハイターで5分ほど浸け置きしましょう。

f:id:yukichi_camp:20210414132518j:plain

 

すると元通りのピカピカに。

f:id:yukichi_camp:20210414132513j:plain

チタンだからといって特別な手入れは必要ありません。

 

【スノーピーク「チタンダブルマグ」レビュー】まとめ

以上、スノーピーク「チタンダブルマグ」をレビューしてきました。

 

スノーピーク「チタンダブルマグ」はキャンプ向きの高い機能性を持ちながらも、気軽にデイリーユースできるため、ひとつあれば重宝するマグカップです。

 

ぼく自身も毎日使っており、いまや生活に欠かせないアイテムとなっています。

 

ぜひいちどチェックしてみてください。

 

 

 

▼関連記事