ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【モンベル「ジオラインクールメッシュ」レビュー】着心地と肌ざわりに優れた吸湿速乾インナー


f:id:yukichi_camp:20210502174612j:plain
こんにちは、ゆうきちです。 

 

本記事は夏場のインナーとしてモンベル「ジオラインクールメッシュ」を検討している人に向けた記事です。


結論から言うと、モンベル「ジオラインクールメッシュ」は初夏や初秋などの、ほどよく汗をかく季節におすすめです。ただ、汗かきの人や真夏の外回り営業などシーンによっては厳しい場合もあります。

 

実際にモンベル「ジオラインクールメッシュ」を着た感想などをレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

モンベル「ジオラインクールメッシュ」外観

モンベル「ジオラインクールメッシュ」はモンベル独自の高機能素材【ジオライン】をメッシュ地に編み上げ、抜群の通気性と速乾性を実現したインナーです。

 

◆ジオラインとは◆
モンベルがアンダーウエアのために糸一本から独自開発した高性能素材です。制菌・防臭効果や伸縮性、吸水拡散性にも優れています。

 

ぼくはVネックタイプを購入しました。 

f:id:yukichi_camp:20210502174612j:plain
ハンガーが透けて見えるほどのスケスケ具合です。さすがに一枚では着れないので、インナーとして使っています。

 

腰の部分にさりげなく【モンベル】のブランドロゴが。

f:id:yukichi_camp:20210501152705j:plain

胸になくてよかったです。シャツにロゴがうっすらと透けていたらカッコ悪いので。

 

生地はかなり薄いです。

f:id:yukichi_camp:20210502174601j:plain
メッシュに独特の織りが入っていて、肌ざわりはドライでサラサラしています。
やわらかいコットンのような安心感はありませんが、ハイテク素材ならではの質感です。通気性が高いため、熱がこもりにくいことが分かります。

 

素材はポリエステル100%です。

f:id:yukichi_camp:20210501152802j:plain

繊維に銀イオンを発生させる成分を練り込んであるらしく、抗菌・防臭効果があるようです。

 

重量はなんと58g!

f:id:yukichi_camp:20210501152606j:plain

およそ卵1個くらいの重さしかありません。これはめちゃくちゃ軽いです。

 

モンベル「ジオラインクールメッシュ」特徴

スペック

素材 :ポリエステル100%
重量 :58g
カラー:ブラック、ライトシルバー、ホワイト
サイズ:S、M、L、XL

 

サイズ

Men'sサイズ  身長 胸囲 胴囲
S
160~170cm
86~90cm
72~76cm
M
165~175cm
90~95cm
76~81cm
L
170~180cm
95~101cm
81~87cm
XL
175~185cm
101~107cm
87~93cm

 

サイズ選びは通常着ているサイズで問題ないと思います。もし、ゆったりめが好みであれば、ワンサイズ上を選ぶとよいでしょう。

 

178cm76kgのぼくはLサイズを着ています。サイズ感はジャストから気持ち小さめ。体にほどよくフィットする感じです。
肩・脇は比較的タイトですが、ラグランスリーブとストレッチのため動きにくさは感じません。

 

洗濯方法

家庭用洗濯機で洗濯できます。ただ、生地が薄く繊細なので、ネットに入れて洗濯したほうがよいです。柔軟剤はNGです。
 

メリット

  1. ストレスのない着心地
  2. サラサラした肌ざわり
  3. トップスにひびかない
  4. 乾きが早い

1.ストレスのない着心地

モンベル「ジオラインクールメッシュ」は、

  • 超軽量
  • ストレッチ

のため動きやすいです。
まるでインナーを着ていることを忘れてしまうほど。

 

また、ポリエステル素材の機能性インナーによくある静電気が起きにくいことも特徴です。パチパチまとわりつく不快感がありません。
どうやら糸に使われているカーボン繊維が常に自然放電しているそうですよ。

 

2.サラサラした肌ざわり

着た瞬間はザラッとした硬めの感触ですが、しばらくすると自然と肌にフィットし、サラサラとした肌ざわりに変化します。

 

通気性と速乾性に優れているため、たとえ汗をかいたとしても、コットンのように汗濡れがずっと続くことがありません。汗冷えが少なく、サラッと気持ちよく過ごせます。

 

3.トップスにひびかない

薄手のためカットソーやシャツなどのトップスにひびきません。コットンインナーにありがちな、袖がねじれたりモコモコしたりせずにストンと着こなせます。

 

4.乾きが早い

生地が薄いため、洗濯しても30〜60分で乾きます。

 

ぼくは汗で濡れたモンベル「ジオラインクールメッシュ」をササッと手洗いして、30分干したあとに同じものを再び着ることもあります。ここまで速く乾くインナーはなかなかありません。

 

デメリット

  1. 汗かきや真夏は厳しい場合も
  2. 引っかけに注意

1.汗かきや真夏は厳しい場合も

汗かきの人や真夏の外回り営業など大量に汗をかく場合はモンベル「ジオラインクールメッシュ」でも厳しいことがあります。

 

速乾性に優れたモンベル「ジオラインクールメッシュ」ですが、大量の汗をかくとオーバーフローしてしまい、トップスに汗が滲み出てしまいます。


ぼくが経験したケースでは、オーバーフローした汗でワイシャツがビショビショになり、ワイシャツが全然乾かないなんてこともありました。ワイシャツに滲み出た汗のニオイが気になったことも一度や二度ではありません。

 

モンベル「ジオラインクールメッシュ」そのものは汗をかいてもあまり臭わないのですが...。

 

2.引っかけに注意

生地がメッシュ状なので、ちょっとしたモノにすぐに引っかかります。洗濯時はネットに入れると安心です。また、ハンガーに吊るす場合も注意しましょう。

  

モンベル「ジオラインクールメッシュ」レビュー まとめ

以上、モンベル「ジオラインクールメッシュ」をレビューしてきました。

 

モンベル「ジオラインクールメッシュ」は通気性と速乾性に優れているだけでなく、着心地や肌ざわりにも配慮されたインナーです。

 

とくに初夏や初秋などの、ほどよく汗をかく季節は気持ちよく過ごせます。ぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

※モンベル「ジオラインクールメッシュ」はAmazonや楽天では販売されていません。 

▼アウトドアショップ「エルブレス」なら税込5,500円で送料無料。

 

▼モンベルオンラインショップは税込11,000円で送料無料。

 

▼関連記事