ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【グラミチ「NNショーツ」レビュー】夏の定番ショートパンツをサイズ違いで履いてみました


f:id:yukichi_camp:20210526111041j:plain

夏にロングパンツを履くのはツラいですよね。蒸れるし、汗で貼りつくとサイアク......不快感MAXです。

 

「夏でもできるだけ快適に過ごしたい!」と思い、動きやすさをキープしつつも、デザイン的に街履きもできるショートパンツを探していました。

 

たどり着いたのは大定番のグラミチ「NNショーツ」。

 

ぼくはグラミチ「NNショーツ」をアウトドアや街でもデイリーで履き倒しています。色違い・サイズ違いで揃えたほどのお気に入りです。

 

グラミチ「NNショーツ」はアウトドアに最適な「動きやすさ」「快適さ」にフォーカスしたショートパンツです。

 

もともとはクライミング用として生まれただけに機能性は折り紙つき。とはいえ、アウトドアウェア特有の野暮ったさはありません。

 

グラミチ「NNショーツ」のシルエットは細身でスタイリッシュ。街履きでもだらしなく見えず、洗練された着こなしが可能です。

 

では、グラミチ「NNショーツ」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

グラミチ「NNショーツ」外観と特徴

NNショーツ」はグラミチの定番ロングパンツ「ニューナローパンツ」のショートパンツバージョンです。

>>グラミチ「NNパンツ」レビューはこちら

 

グラミチのショートパンツシリーズのなかで最も細身のシルエットとなっています。

 

【スペック】
素材:コットン98%、ポリウレタン2%
価格:8,580円(税込)

 

ぼくは「ダブルネイビー」と「ヘザーグレー」の2種類をローテーションで履いています。

f:id:yukichi_camp:20210526111041j:plain


ウエストはゴム仕様で、ウェビングベルトを絞ってサイズやフィット感を調節します。

f:id:yukichi_camp:20210526111052j:plain

 

バックルはワンタッチで着脱が可能。

f:id:yukichi_camp:20210526111115j:plain

なので、いちいちウェビングベルトを緩めて脱ぐ必要がありません。履くときもバックルをカチッと留めるだけ。トイレの時などに重宝するシステムです。

 

フロントジッパーはYKK製。

f:id:yukichi_camp:20210526111127j:plain

グラミチのショートパンツシリーズのなかにはジッパーなしのモデルもありますが、ジッパー付きの「NNショーツ」が断然便利です。

 

バックはポケットがふたつ。

f:id:yukichi_camp:20210526111046j:plain

 

ポケットはベルクロで留めるタイプです。

f:id:yukichi_camp:20210526111109j:plain

 

グラミチ最大の特徴が股の部分。

f:id:yukichi_camp:20210526111121j:plain

クライミングパンツらしく、180度に開脚できるよう立体裁断されています。これを「ガゼットクロッチ」と呼ぶそうです。 

 

グラミチ「NNショーツ」サイズ

サイズ表(cm)

サイズ 総丈 ウエスト 股下 ヒップ
S
45.5
65〜85
21.5
94
M
47.5
71〜92
22.5
100
L
49.5
77〜98
23.5
106
XL
51.5
83〜104
24.5
112
XXL
53.5
89〜110
25.5
118

 

基本的には上記サイズ表を目安に選べばOKです。ウエストがゴムなので、あまりシビアになる必要はありません。

 

ぼくは178cm76kgで、ジーンズの場合は33か34インチを履いています。
グラミチ「NNショーツ」はLでもXLでも履けるサイズ感です。

 

ダブルネイビーがLサイズ。

f:id:yukichi_camp:20210526111138j:plain

 

ヘザーグレーがXLサイズです。

f:id:yukichi_camp:20210526111132j:plain

 

平置きで重ねると、さほど違いはないように見えます。

f:id:yukichi_camp:20210526111037j:plain

 

着用するとダブルネイビー(Lサイズ)はややタイト。ひざ上7cmです。

f:id:yukichi_camp:20210526111104j:plain

ウエストはギリギリめのジャスト。これ以上は太れないなという感じです。

 

ヘザーグレー(XLサイズ)は太ももにかなり余裕があります。ひざ上は5cm。

f:id:yukichi_camp:20210526111058j:plain

ウエストにもゆとりがあります。かといって、緩くはありません。ウェビングベルトを締めるとしっかりフィットします。

 

ぼくはウエストよりも丈が気になります。ダブルネイビー(Lサイズ)の場合、太ももが1/3くらい出るので少し抵抗があります。なので、ヘザーグレー(XLサイズ)の方が出番が多いです。

 

まとめると、おすすめサイズは以下のとおりです。

①太ももが出ても気にならない・タイトめに履きたい人

→ジャストサイズ

②太ももをあまり出したくない・ゆったりめに履きたい人

→大きめサイズ

 

メリット

1.ストレスゼロ

グラミチ「NNショーツ」は細身であることを感じさせないほど動きやすいです。

 

ストレッチ生地と股部分の立体裁断のおかげで、窮屈さや突っ張る感覚はまったくありません。

f:id:yukichi_camp:20210528131505j:plain

また、ウエストがゴムなので、締めつけがないうえに、多少の体重増もOK。ウエストの変化にも柔軟に対応できます。

 

2.だらしなく見えない

グラミチ「NNショーツ」は街履きできるショートパンツです。

 

生地がしっかりしており、安っぽさは皆無。カジュアルではありますが、だらしなくは見えません。

 

また、シルエットがスマートなため、きれいめに着こなすこともできます。

 

3.飽きずに長く履ける

グラミチ「NNショーツ」は年齢や流行に左右されず、長く履けます。

 

デザインがベーシックなため、Tシャツはもちろん、襟のついたポロシャツやシャツにもぴったりです。

 

また、カラバリが豊富なので色違いで揃えてもOK。ローテーションすれば夏はグラミチ「NNショーツ」で乗り切れます。

 

デメリット

1.女子ウケ微妙

グラミチ「NNショーツ」は丈が短いため、女子ウケがイマイチなパターンもあります。

 

これは経験談ですが、「もも毛が気持ち悪い!」と罵倒されたことがあります...。

 

こちとら「知るか!」って感じなのですが、気になる人はムダ毛処理をするか、大きめサイズを選びましょう。
丈長めのモデルなら「STショーツ」を検討するのもアリです。

 

2.キャンプには不向き

これはショートパンツ全般にいえることですが、基本的にショートパンツはキャンプに向いていません。

 

なぜなら、虫刺されや日焼け、ケガに対してあまりに無防備だからです。

 

キャンプの基本はロングパンツ。ただし、場所にもよりますが、デイキャンプやBBQ程度ならショートパンツでも問題ありません。その際は虫よけや日焼け対策をしっかり行いましょう。

 

▼蚊取り線香の強力版「パワー森林香」

▼オーガニックで肌に優しい定番ボディスプレー

グラミチ ショートパンツシリーズ

①Gショーツ

コットン100%のスタンダードモデル。シルエットは少し太めで、フロントジッパーなしです。


②STショーツ

シルエットはNNショーツとGショーツの中間。丈が少し長めです。

 

グラミチ「NNショーツ」レビュー まとめ

以上、グラミチ「NNショーツ」をレビューしてきました。

 

グラミチ「NNショーツ」は「動きやすさ」と「快適さ」にフォーカスしながらも、街履きにも対応した細身でスタイリッシュなショートパンツです。

 

グラミチ「NNショーツ」をワードローブに加えるだけで、夏を快適に過ごせること間違いなし。

 

ぜひいちどチェックしてみてください。

 

▼関連記事