ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【薪はネット通販がおすすめ】ベランダで乾燥させなくてもOK


f:id:yukichi_camp:20210302111417j:plain

  • ホームセンターの薪は湿っていて、乾燥させるのが面倒
  • 重くて持って帰るのがツライ
  • すぐ燃え尽きるので、現地で足りなくなる


こんなお悩みを解決します。

結論から言うと、「薪はネット通販で買いましょう」ということです。

何度もネット通販をリピートしているわたしが、ネット通販をおすすめする理由や購入時のポイントなどを解説していきます。

薪のネット通販をおすすめする2つの理由

1.重労働が不要

当たり前ですが、ネット通販だと自宅へ届けてくれますよね。

ホームセンターで薪を買う場合は以下の工程があります。

・薪を売り場からレジへ運ぶ
・レジから車へ運ぶ
・車から自宅へ運ぶ

薪の数が多いと、かなりの重労働になります。
この労力が省けると助かりませんか?

2.乾燥が不要

ホームセンターで売ってる薪は湿っていることも多いです。ビニール袋に入っているものは内側に水滴がついていることも。

薪は湿っていると着火しにくいため、ベランダなどで一度乾燥させる必要が出てきます。

これが手間なんですよね。

ネット通販の場合、業者がしっかり乾燥させてくれるので手間いらずです。

とはいえ、自宅に届いたらダンボールのフタを空けておいた方が無難です。

薪のネット通販 3つのチェックポイント

1.広葉樹を選びましょう

クヌギやナラなどの「広葉樹」を選んでください。
なぜなら、焚き火が長持ちするからです。

ホームセンターで売っている薪って、燃え尽きるのが早くないですか?

それはホームセンターの薪がスギなどの「針葉樹」だからなんです。針葉樹の場合、ひと束(ひと袋)をだいたい1~2時間で燃やし尽くしてしまいます。

となると、ひと晩焚き火をするのに3束くらいは余裕で使ってしまうんですよね。燃えるのが早いせいで薪をつぎつぎと投入するのに忙しくなる。

のんびりするための焚き火なのに忙しいって、もう本末転倒です。

2.量

焚き火台ひとつの場合、広葉樹が5kg〜7kgあればおよそひと晩使えます。

なので、すこし余裕をもって10kgあれば、ひと晩のうちに「薪が足りない!」なんてことはないはずです。

3.薪のサイズ

焚き火台のサイズ以上の薪はやめたほうがいいです。

とくに広葉樹は木材の密度が高く、薪割りがしにくいので、焚き火台のサイズに合った薪を選びましょう。



実際に薪をネット通販で購入しました

わたしが購入したのはこちらです。購入者レビューも概ね高評価です。


クヌギ・ナラ10kg以上約15Kg以内 送料無料 プレミアム薪

薪が自宅に到着

f:id:yukichi_camp:20190727101122j:plain
ダンボールのサイズは縦30cm×横35cm×高さ28cmと思っていたよりもコンパクトでした。
「ナラ」と書いてあります。広葉樹のナラのことでしょうね。

ずっしりと結構重たいので、女性は運べないかもしれません。
f:id:yukichi_camp:20190727101501j:plain
段ボール箱込みで13.5kgありました。
10~15kgなのでこんなものですかね。

開封

こんな感じで薪が詰められています。
f:id:yukichi_camp:20190727101716j:plain
サイズは長さ34cmくらいです。

分かりやすいように縦に並べ替えてみます。
f:id:yukichi_camp:20190727101900j:plain
13kgあるので、ふた晩くらいはいけそうです。
針葉樹だと同じ量でも一晩で使い切ってしまうでしょうね。

状態を確認

f:id:yukichi_camp:20190727102216j:plain
しっかり乾燥してるので着火しやすそうです。
これならすぐに使えますね。

まとめ:薪はネット通販がおすすめ

逆にわざわざホームセンターで薪を買うメリットが見当たらないです。

わたし自身、ホームセンターで薪を買うことがなくなり、ネット通販を何度もリピートしています。

以上、参考になれば嬉しいです。



▼わたしがリピートしている薪です。

クヌギ・ナラ10kg以上約15Kg以内 送料無料 プレミアム薪


▼薪は広葉樹がおすすめです。
自分に合った量やサイズを選んでくださいね。




わたしの愛用焚き火グッズを紹介します。
▼芸人のヒロシさんも愛用。
軽くてコンパクトな火吹き棒です。


▼木のグリップがおしゃれ。
軽くて握りやすい火ばさみです。


▼定番の小型バーナー。
焚き火の着火もこれでOK。


▼色が渋い小型の斧。
薪割りには不向きですが、枝払いや細かな作業にはぴったり。


▼まるでグリッ◯スワニーな牛革グローブ。
鮮やかなイエローがおしゃれです。



▼関連記事