ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

パタゴニア「レトロXベスト」レビュー|サイズはタイトめが暖かくておすすめ



f:id:yukichi_camp:20210904132402p:plain

本記事ではパタゴニア「クラシックレトロXベストについて

  • 特徴
  • サイズ感
  • メリット・デメリット

などをレビューしていきます。

 

「クラシックレトロXベスト」はフリース素材の【風を通しやすい】弱点をカバーした防風フリースベストです。

 

実際に着てみると、ベストでありながら、冷気を防ぎつつ熱を逃さないため、想像以上の暖かさに驚きます

 

というわけでパタゴニア「クラシックレトロXベスト」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

あわせて読みたい

 

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」外観と特徴

クラシックレトロXベスト」はパタゴニアの定番フリースジャケット「クラシックレトロXジャケット」のベストバージョンです。

 

裏地に防風フィルムを貼り合わせているため風を通さず、体の芯を冷やしません。

 

【スペック】

素材:ポリエステル、ナイロン

重量:507g

価格:22,000円(税込)

 

ぼくは178cm76kgでネイビーのMサイズを着ています。

パタゴニア レトロXベスト

左胸のロゴやナイロンの切り返しなど「これぞパタゴニア」といえるレトロなルックスです。

 

「レトロX」シリーズは大定番のため、流行や年齢・性別を問わず長く着ることができます

 

生地は表がボアのような厚みのあるフリースで、裏が防風性と吸湿発散性を備えたメッシュ素材です。

冷たい風を防ぎつつ、熱を逃さない構造となっています。

 

また、この裏地には銀イオンをベースにした耐久性防臭剤「ハイキュ・フレッシュ」が施されており、ウェアが長持ちするよう加工されています。

 

ネックは約7cmの高さがあり、黒いナイロン部分は撥水加工済みです。

ジップを閉めると首に密着するため、マフラーがなくても寒くありません

 

フロントジップの後ろにウインドフラップを装備し、ジップの隙間からの風もシャットアウト

またジップを一番上まで閉めても、金属部分があごに当たらないためストレスフリーです。

 

ポケットは胸ポケットと左右のハンドポケットの合計3つ。

 

ハンドポケットは高さ約50cmと驚きの大容量です。

フルに活用することはありませんが、スマホや財布が余裕で入るので手ぶら派にはうれしい仕様ですね。

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」サイズ感

サイズ表(cm)※平置き

 サイズ 身幅 後着丈 アームホール
XXS
44
61
23
XS
47
64
24
S
50
66
26
M
53
69
27
L
58
71
28
XL
62
74
30
XXL
66
76
31

 

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は身幅がタイトめの作りとなっています。

 

サイズ選びはインナーに着るもので変わってくるため、事前に何を着るかイメージしておいたほうがいいでしょう。

 

とはいえ、なるべくタイトめに着ることをおすすめします。ベストは隙間が少ないほうが防寒性がアップするためです。また大きすぎると不格好に見えます。

 

なので、以下のようにインナーによってサイズを選ぶことがおすすめです。

  • シャツやカットソーなど薄手のもの→ワンサイズ小さめ
  • パーカーやニットなど厚手のもの→ふだん着ているサイズ

 

ぼくは178cm76kgで、ふだんはLサイズを着ることが多いです。パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は薄手の服に合わせるためにMサイズを選びました。

下着+シャツの状態で胴体がジャスト。窮屈ではないものの、余裕もあまりありません。厚手のパーカーやニットを着るのは厳しいですね。

 

しかしこれくらい密着しているほうが、肩や裾に隙間ができないため冷気が入らず暖かいです。

 

着丈もちょうどいい長さなので、全体的に着ぶくれせずスッキリ着こなせます

 

なので、おすすめサイズをおさらいすると以下のとおりです。

  • シャツやカットソーなど薄手のもの→ワンサイズ小さめ
  • パーカーやニットなど厚手のもの→ふだん着ているサイズ

 

それでもサイズに迷う場合は、パタゴニア公式サイトでサイズが異なる2着(たとえばMとLなど)をいったん購入し、試着後に不要な方を無料で返品することも可能です。

 

ちょっと気が引けるかもしれませんが、実際にパタゴニアが認めている方法です。(参考:サイズやカラーなど製品選びに迷った時は、どうしたらいいですか

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

3つのメリット

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」のメリットは以下の3つです。

  1. フリースなのに防風
  2. 秋〜春の3シーズン使える
  3. 着回しがきく

 

1.フリースなのに防風

一般的なフリースは風を通す弱点があるため、風の強い日にアウターとして着た場合は体が冷えます。

 

しかしパタゴニア「クラシックレトロXベスト」は

  • 防風性の裏地
  • 7cmあるネック
  • フロントジップ裏のウインドフラップ

を装備しているため風を通しにくくなっています

 

冷気の侵入を防ぐと同時に熱を閉じ込めるので、想像を超える暖かさです。

 

タウンユースであればインナーは薄手でもまったく問題ないほど。

 

なので、パタゴニア「クラシックレトロXベスト」はフリースの弱点を克服した【最強のフリース】といえます。

 

2.秋〜春の3シーズン使える

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は秋〜春の3シーズン使えます

 

なぜなら、アウターにも中間着にもなるからです。

 

たとえば秋や春はアウターとして、冬は中間着として上にアウターを羽織れば夏以外の3シーズン使えます。

 

シルエットが比較的タイトなので、中間着として使う場合でもアウターに響きません。着ぶくれすることなくスッキリと着こなせます

 

よってパタゴニア「クラシックレトロXベスト」は秋〜春の3シーズン使えるため、結果的にコスパも高いです。

 

3.着回しがきく

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は着回しがききます

 

というのはデザインがシンプルなため、インナーを変えるだけでコーデのバリエーションが広がるからです。

 

たとえばインナーは

  • シャツ
  • カットソー
  • パーカー

のどれでも合います。

 

また、柄が

  • 無地
  • チェック
  • ボーダー

で印象も変わってきます。

 

なので、パタゴニア「クラシックレトロXベスト」ならインナーの種類や柄を変えるだけで、毎回違った印象を与えることが可能です。

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

2つのデメリット

逆にパタゴニア「クラシックレトロXベスト」のデメリットは次のとおりです。

  1. 最初のうちは着ごこちが微妙
  2. 汗をかくスポーツには不向き

 

1.最初のうちは着ごこちが微妙

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は最初のうちは硬くてゴワゴワしています。

 

これは生地が厚いことと防風性の裏地のためです。

 

とはいえ、しばらく着ているうちに馴染んでやわらかくなるので心配はいりません。

 

フリースのイメージであるふわふわ感はありませんが、逆にガッシリとしているため堅牢性が高いともいえます。

 

動きづらいのは最初のうちだけなので、馴染んでくれば問題は解決します。

 

2.汗をかくスポーツには不向き

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は汗をかくスポーツには向いていません

 

理由は通気性がイマイチのため。

 

これも防風性の裏地が原因です。吸湿発散性を備えているのですが、性能はあまり高くはないようです。

 

汗をかくくらい動いていると熱がこもってムレます

 

基本的に防風性と通気性はトレードオフの関係なので仕方ないのですが......。

 

なので、パタゴニア「クラシックレトロXベスト」はスポーツやハードなアウトドアで使用するよりもタウンユースにおすすめです。

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

洗濯方法

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」は自宅で洗濯できます

 

クリーニングに出す必要がないので、手間やコストがほとんどかかりません。

 

タグの洗濯表示を確認してみましょう。

パタゴニア レトロXベスト 洗濯

 

表示内容を分かりやすくまとめると次のとおりです。

【OK】

  • 水洗い(水温40℃まで)
  • 低温でのタンブル乾燥(60℃まで)

【NG】

  • 漂白
  • アイロン
  • ドライクリーニング

 

なので、ふだんどおりに洗濯機を使って問題ありません。

 

注意点は、型崩れや生地の傷みを防止するために、洗濯ネットに入れることくらいです。

 

以下の手順で洗濯してください。

 

【洗濯手順】

  1. ジップを閉じる
  2. 洗濯ネットに入れる
  3. 洗濯機の通常コースで水洗いする
  4. 自然乾燥または60℃以下の乾燥機にかける

 

ドラム式洗濯機の乾燥機能は機種によって温度が異なるので、説明書をチェックしてみてください。急がないのであれば、自然乾燥か浴室乾燥が無難です。

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」レビュー まとめ

以上、パタゴニア「クラシックレトロXベスト」をレビューしてきました。

 

パタゴニア「クラシックレトロXベスト」はフリース素材の【風を通しやすい】弱点を克服した防風フリースベストです。

 

冷気を防ぎつつ熱を逃さないため、想像以上の暖かさに驚きます

 

さらにベストなら秋〜春の3シーズン使えて着回しがきくので、コーデのマンネリ解消にも役立ちます。

 

ぜひいちどチェックしてみてください。

 

\5,000円で送料無料・返品も無料/

パタゴニア公式サイトで見る

※パタゴニアはAmazonや楽天など大手通販サイトでの販売は許可していません。

 

 

▼関連記事


user heat↓