ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

メリノウールインナーおすすめ5ブランド|冬キャンプの寒さ対策はインナーから



f:id:yukichi_camp:20210916171147p:plain

秋冬の定番となったメリノウールインナー

 

冬キャンプではアウターに目が行きがちですが、インナーをメリノウールに変えるだけで暖かさと快適さが格段にアップします。

 

ということで本記事ではメリノウールインナーの代表的なブランド・商品を紹介します。アイテム選びの参考になれば幸いです。

 

あわせて読みたい

 

メリノウールインナーをおすすめする理由

f:id:yukichi_camp:20210916171152j:plain

アウトドアの服装は重ね着が基本です。

 

もっとも体に近いところから、

  • ベースレイヤー(吸湿速乾、保温)
  • ミッドレイヤー(保温)
  • アウターレイヤー(外気を遮断)

3層をうまく活用することで、暖かさと通気性をコントロールできます。

 

ベースレイヤーは肌に直接触れるものなので、吸湿速乾性保温性にくわえて肌ざわり着ごこちも大切な要素です。

 

これらの要素をすべて備えているのがメリノウールインナー

 

メリノウールとは
オーストラリアやニュージーランドを原産とする「メリノ種」から採れる高品質ウールのこと。 繊維が細くやわらかいことが特徴です。

 

メリノウールは以下に優れています。

  • 保温性
  • 通気性
  • ストレッチ性
  • 防臭効果
  • 肌ざわり

 

メリノウールインナーを実際に着てみると、薄手でも暖かく、汗をかいても汗冷えしにくい印象です。その点、コットンや化繊のインナーはなかなか汗が乾かないため汗冷えします。

 

またウールというとチクチクするイメージがありますが、メリノウールは繊維が細いためチクチク感はほとんどありません。なので素肌に着ても違和感なく過ごすことができます。

 

さらに家庭で洗濯できるためケアもカンタン。とはいえウールなので、ニットなどと同様に毛玉や防虫には注意が必要です。

 

メリノウールインナーおすすめ5ブランド

つづいてメリノウールインナーの代表的なブランドを紹介していきます。

1.モンベル

 

モデル             素材         重量  価格   

スーパーメリノウール

L.W.ラウンドネックシャツ

ウール85%
ポリエステル15%
128g
6,050円

スーパーメリノウール

M.W.ラウンドネックシャツ

ウール85%
ポリエステル15%
180g
7,480円

スーパーメリノウール

EXP.ラウンドネックシャツ

ウール79%
ポリエステル18%
ナイロン2%
ポリウレタン1%
195g
9,020円

 

日本を代表するアウトドアブランド「モンベル」は3種類の厚みのメリノウールインナーを販売しています。

 

  • 薄手→L.W.(ライトウェイト)
  • 中厚手→M.W.(ミドルウェイト)
  • 厚手→EXP.(エクスペディション)

 

汎用性の高いラウンドネック(クルーネック)だけでなく、Vネックやハイネックなどさまざまな好みに対応する幅広いラインナップも魅力です。

 

冬キャンプにおすすめは中厚手タイプのM.W.(ミドルウェイト)。ほどよい厚みとストレッチ性を備えるためバランスに優れています。

 

あわせて読みたい

 

2.ナンガ

 

モデル          素材       重量  価格   

メリノウールインナー

ロングスリーブTEE

ウール100%
6,578円

メリノウールインナー

ショートスリーブTEE

ウール100%
5,478円

 

ダウン製品に強みを持つ「ナンガ」が初めて手がけたメリノウールインナーです。

 

薄手タイプのみのラインナップですが、秋〜春までの3シーズン着用できるためオールマイティに使えます

 

オーストラリア産メリノウールを100%使用しているわりにリーズナブルな価格も魅力

 

また動きやすさを追求した立体裁断やバックパックの肩ストラップが干渉しないよう縫い目の位置をズラすなど、アウトドアブランドらしい細やかな配慮はさすがナンガです。

 

現在は生産終了しているようで、在庫限りとなっています。

 

あわせて読みたい

 

3.アイスブレーカー 

 

モデル          素材       重量  価格    

150ロングスリーブ

ポケットT

ウール100%
13,750円

200オアシス

ロングスリーブクルー

ウール 100%
225g
13,750円

260テック

ロングスリーブクルー

ウール 100%
290g
17,600円

 

アイスブレーカーはニュージーランド産メリノウールにこだわったアウトドアウェアブランドです。

 

1995年に設立し、メリノウールによるレイヤリングシステムを世界で初めて開発。メリノウールインナーの先駆けといえます。

 

アイスブレーカーのメリノウールインナーはいわゆる下着のような体に張り付くタイプではなく、ややゆとりのあるシルエット。そのためTシャツやカットソー感覚で1枚で着ることができます

 

ラインナップは

  • オールシーズン使える薄手の「150ロングスリーブポケットT」
  • 秋から春先まで活躍する中厚手の「200オアシスロングスリーブクルー」
  • 寒い冬でも暖かい厚手の「260テックロングスリーブクルー」

などがあります。

 

 

4.スマートウール

 

モデル              素材       重量  価格    

クラシックオールシーズン

メリノベースレイヤー

ロングスリーブ(150g/㎡)

ウール87%
ナイロン13%
170g
10,340円

クラシックサーマル

メリノベースレイヤークルー

(250g/㎡)

ウール100%
276g
16,610円

 

スマートウールはメリノウールを使用したインナーやソックスを製造するアメリカのブランドです。

 

化繊全盛の1994年に創業し、いまではメリノウール製品のトレンドリーダー的存在となっています。

 

メリノウールを贅沢に使用したインナーは、上記の表にある2アイテム。

 

150は通年使える薄手タイプ、250は保温性に優れたメリノウール100%の厚手タイプです。

 

シルエットはどちらも体にフィットするスリムシルエットとなっており、下着に適しています

 

5.ラパサ

 
 
モデル      素材      重量  価格    

メリノウール

インナー薄手(200g/m²)

ウール100%
5,220円

メリノウール

インナー中厚(250g/m²)

ウール100%
6,220円

 

ラパサはアパレル販売のASAS Japanが運営するオリジナルブランドです。

 

ラパサの特徴はなんといってもコスパの高さ。メリノウールを100%使用しているにもかかわらず、5,220円〜とリーズナブルな価格を実現しています。

 

さらに、薄手タイプでも200g/㎡あるため、中厚と言っていいほどの厚みがあります。

 

また繊維製品に有害な化学物質が含まれていないことを認証する「OEKO TEX(エコテックス)」を取得しているため「安かろう悪かろう」な製品ではありません。

 

ラパサは他のブランドに比べ、気軽に試せる価格のため、メリノウールインナー初心者におすすめです。

 

あわせて読みたい

 

メリノウールインナーおすすめ5ブランド まとめ

以上、メリノウールインナーの代表的なブランド・商品を紹介してきました。

 

冬キャンプにメリノウールインナーを取り入れるだけで暖かく快適に過ごすことができます

 

ぼくのイチオシはラパサです。クオリティが高いうえに価格はリーズナブル。

 

メリノウールインナー初心者や、2枚目3枚目の買い足しを考えている人にもおすすめします。

 

ぜひいちどチェックしてみてください。

 

 

 

▼関連記事

 

user heat↓