ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【フィルソン「ラギッドツイル トートバッグ」レビュー】エイジングも魅力の無骨トートバッグ


f:id:yukichi_camp:20210527161244j:plain

無骨スタイルのソロキャンプやアメカジ/トラッド系ファッションが好きな方におすすめのバッグ、フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」を紹介します。

 

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」は無骨なルックスと実用性に優れたトートバッグです。トラディショナルで飽きのこないデザインは長く愛用できること間違いなし。

 

また、日常でガンガン使えるタフさも魅力。使い込むほどに馴染み、味わいと愛着が増します。

 

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」外観と特徴

フィルソンは「どうせ持つなら丈夫な物を」をスローガンに、1897年ワシントン州シアトルにて創立された老舗アウトドアブランド。

 

ラギッドツイルトートバッグ」はフィルソンのバッグシリーズのなかでも最もポピュラーなモデルです。

 

【スペック】
本体  :コットン100%
ハンドル:ブライドルレザー
ジッパー:真鍮
サイズ :高さ35×横38×奥行16cm
重量  :921g
生産国 :アメリカ
価格  :34,100円(税込)

 

◆ブライドルレザーとは◆
堅牢性と美しい光沢が特徴の牛革です。もともとは馬具に使われており、牛革に何度もロウを塗り込む伝統的な製法で作られます。

 

ぼくが愛用しているのはネイビーのジッパー付きモデルです。

f:id:yukichi_camp:20210527161244j:plain

無駄をそぎ落としたデザインはシンプルでありながらも風格を感じます。バリッとした風合いはいかにもアメリカな趣き。

 

生地は肉厚でしっかりしています。

f:id:yukichi_camp:20210527161232j:plain

生地に薄くワックスが入っているため、少々の汚れや水分は問題なし。ただし「防水」ではないため、過度な期待は禁物です。


ハンドルはブライドルレザーです。

f:id:yukichi_camp:20210527161138j:plain

肩掛け・手持ち両方に対応した長めの設計になっています。

 

接続部分が補強されているため、重い荷物の運搬にも適しています。

f:id:yukichi_camp:20210527161238j:plain

 

奥行き16cmと十分なマチを確保。

f:id:yukichi_camp:20210527161144j:plain

 

容量が25Lあるため、2泊くらいの荷物なら余裕で入ります。

f:id:yukichi_camp:20210527161151j:plain

 

周囲4面すべてに収納ポケットを配備。正面と背面の大型ポケットはA4サイズの雑誌が楽々入ります。

f:id:yukichi_camp:20210527161211j:plain

 

両サイドのポケットは500mlペットボトルがちょうど入るサイズです。

f:id:yukichi_camp:20210527161205j:plain

 

天面には使い勝手のよい真鍮製ダブルジッパーを装備。

f:id:yukichi_camp:20210527161222j:plain

真鍮のゴールドが無骨な雰囲気をさらに際立ててくれます。

 

大型ポケットの内側にキーフックが隠れています。

f:id:yukichi_camp:20210527161217j:plain

カギなどの貴重品をつけることができます。ただ、取り出しにくい場所にあるため、使うことはありませんが…。

 

重量は921gと、バッグとしては許容範囲です。

f:id:yukichi_camp:20210528131517j:plain

実際に持ってみると、重厚なルックスのわりには軽く感じます。

 

メリット

1.問答無用のカッコよさ

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」の魅力はカッコいいことに尽きます。

 

シンプルで男くさいルックスは、ヒロシさん系の無骨スタイルソロキャンプにもぴったり。

 

ゴールドのジッパーも雰囲気があり、大人の渋みを感じます。

 

2.エイジングで育てる楽しみ

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」は使い込むほどに味わいが増していきます。

f:id:yukichi_camp:20210527161138j:plain

とくにブライドルレザーのハンドルは徐々に柔らかくなり、手に馴染んでいきます。馴染むほどに愛着も湧くため、オンリーワンのバッグを育てる楽しみがあります。

 

経年変化はナイロン系バッグにはない楽しみですよね。

 

3.タフ

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」はヘタりにくく、丈夫です。

 

ワックスが入った生地とブライドルレザーは耐久性に優れています。型崩れしにくいため、キャンプギアでも何でも放り込める包容力も魅力です。

 

 また、フィルソンは「通常の使用にも関わらず発生した、素材や製品構造の不具合」については生涯保証を約束しています。それだけ商品の丈夫さには自信があることの表れです。

 

「一生モノ」といっても過言ではないくらい長い付き合いになるのではないでしょうか。

 

4.ジッパー付きで安心

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」はジッパー付きのため安心です。

f:id:yukichi_camp:20210527161222j:plain

オープントートのように中を覗かれることがなく、簡単に盗難されることもありません。

 

また、横に倒しても中身が飛び出ません。車や飛行機に積み込む場合も安心です。

 

デメリット

1.ハンドルが肩から落ちやすい

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」のハンドルはブライドルレザー1枚で作られています。

 

滑り止めが付いていないため、肩にかけて歩いていると片方のハンドルがストンと落ちます。これがストレスに感じることもたびたび。

f:id:yukichi_camp:20210528131454j:plain

ハンドルを手に握った状態で、肩にかけるのがおすすめです。

 

2.細かな整理は苦手

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」には内ポケットや仕切りがありません。

f:id:yukichi_camp:20210527161151j:plain

バッグ内は収納が分かれておらず、ズドンと大きな空間があるのみです。よって細かな荷物を整理することには向いていません。

 

細かな荷物を整理する場合はバッグインバッグを併用することをおすすめします。

 

このシンプル・イズ・ベストな潔さが「ラギッドツイルトートバッグ」の魅力でもあります。

 

3.ビジネスには不向き

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」はカジュアルバッグですので、ビジネスには向きません。

 

スーツはもちろん、ジャケパンスタイルでも微妙です。

 

機能面でもスペック不足が否めません。ビジネスの場合はもっと仕切りがあるものや機能的なものがおすすめです。

 

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」お手入れ方法

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」は経年変化を楽しむことも醍醐味です。

 

しかし、汚れはまた別モノです。定期的に手入れすることで長持ちします。

 

日常の手入れ方法は以下のとおり。

  1. ブラシでホコリや汚れを取り除く
  2. 水で濡らした布を固く絞って拭く

※洗剤を使うとワックスが抜けてしまうためNGです。

 

もし撥水効果が落ちてきた場合はフィルソン「オイルフィニッシュワックス」を塗りましょう。

 

上記の手入れをしたあとに、

  1. 「オイルフィニッシュワックス」を缶ごと湯煎し、柔らかくする
  2. 乾いた布やブラシにワックスを取り、円を描くように薄く塗布する
  3. ドライヤーで温めながら、ワックスを均一に馴染ませる
  4. ひと晩干して乾かす

これで撥水効果も復活するので、さらに長く愛用できます。

 

フィルソン バッグシリーズ

①ラギッドツイル トートバッグ(ジッパーなし)

中身が簡単に取り出せるオープントートタイプ。

 

②ラギッドツイル ダッフルバッグ

撥水性と耐久性に優れたトラベルバッグ。サイズはS〜Lあり。

 

③ラギッドツイル リュックサック

アウトドアや街でも使用できるヘビーデューティーなリュック。


④ラギッドツイル オリジナルブリーフケース

斜めがけにも対応するクラシカルなブリーフケース。 

 

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」レビュー まとめ

以上、フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」をレビューしてきました。

 

フィルソン「ラギッドツイルトートバッグ」は無骨なルックスと実用性に優れたトートバッグです。

 

キャンプやデイリーでガンガン使い込むことにより、味わいが増していくことも大きな魅力。

 

自分だけの愛着ある一品に育ててみてはいかがでしょうか。 

 

▼関連記事