ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

2022年ナンガ「ホワイトレーベル」の最強街着ダウンを紹介



f:id:yukichi_camp:20210911135137p:plain

ナンガ「ホワイトレーベル」について

  • 特徴
  • 取り扱い店
  • 2022年モデル

をまとめました。

 

ナンガ「ホワイトレーベル」のダウンウェアは高い防寒力とファッション性を兼ね備えています。

 

寒さに弱い人や防寒力とおしゃれを両取りしたい人はぜひ最後までお付き合いください。

 

あわせて読みたい

 

ナンガ「ホワイトレーベル」とは

f:id:yukichi_camp:20210910171704j:plain

ナンガ「ホワイトレーベル」は滋賀県のダウン製品メーカー「ナンガ」と北海道のアウトドアアパレルショップ「MOONLOID」がコラボした商品ラインナップのことです。

 

「その年に考えうる最高のダウンウェア」をコンセプトに、防寒力とファッション性を高いレベルで両立しています。

 

極寒の北海道ならではの発想やこだわりが詰まったダウンウェアは道外からもファンが買い求めるほどの人気です。

 

ナンガ「ホワイトレーベル」特徴

f:id:yukichi_camp:20210816125615j:plain

ナンガ「ホワイトレーベル」のおもな特徴は次のとおりです。

  • 940FPのダウン
  • 防水×透湿×ストレッチの3拍子揃った生地
  • 街着に最適なスッキリとしたシルエット

 

ナンガの通常商品では最高で860FPのダウンを使用しています。ところが「ホワイトレーベル」で使われているダウンはそれを軽く超えるナンガ史上最高ランクの940FPです。

 

FP(フィルパワー)とは 
羽毛のかさ高性を現す単位です。数値が大きいほど空気を多く含むため、保温性に優れ、暖かく良質なダウンといえます。

 

一般的に、

  • 500FP以下→低品質ダウン
  • 600~700FP→良質ダウン
  • 700FP以上→高品質ダウン

といわれます。

 

なので、上の基準だとナンガ「ホワイトレーベル」は文句なしの最高品質ダウンです。

 

また表生地には「オーロラテックスライト ストレッチ」という防水素材を使用しています。

 

「撥水」ではなく「防水」なので水を通しません。雨や雪の日でも気兼ねなくアウターとして使えるうえに、冷気もシャットダウンしてくれる優れものです。

 

上記のとおりスペックは本格的ですが、単なる寒冷地仕様のゴリゴリ系ダウンウェアではありません。

 

ナンガ「ホワイトレーベル」は高い防寒力を備えつつも、あくまでも街着として必要最低限の機能とデザインにこだわった「最強の街着ダウンジャケット」なのです。

 

取り扱い店

ナンガ「ホワイトレーベル」の取り扱いは「MOONLOID」のみです。実店舗は北海道にしかないため、ネット通販をおすすめします。

 

ナンガの直営店やオンラインショップでは取り扱っていません。

 

「MOONLOID」オンラインショップは

の2ヶ所です。(※AmazonやYahoo!では取り扱いなし)

 

オンラインでは毎年9月ごろから予約が始まります。人気モデルやカラーは完売・サイズ欠品が発生するため、早めにチェックしたほうがいいでしょう。

 

商品ラインナップもほぼ毎年変わります。

 

それでは2022年モデルをチェックしていきましょう。

ナンガ「ホワイトレーベル」2022年モデル

2022年モデルは全8アイテムです。

 

2021年モデルと比べると、半袖の「ダウンTシャツ」と「ダウンベスト」がなくなり、新たに「最強ダウンジャケットtype3」と「ダウンパンツ」、子供用の「キッズダウンジャケット」がラインナップされています。

 

カラーバリエーションも使い勝手のいいベーシックな色が揃いました。

 

スペックは「ダウンパンツ」のみ異なりますが、その他はダウン量が違うだけで、素材はすべて同じです。

1.最強ダウンジャケットtype1 

ナンガホワイトレーベルのフラッグシップモデル。ダウンを充填限界量ギリギリの240g使用した最強ダウンジャケットです。

モデル名    最強ダウンジャケットtype1    
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン95%
フェザー5%
ダウン量
240g
FP
940FP
価格
96,800円(税込)

 

2.最強ダウンジャケットtype2

type1のスペックはそのままに、ライダースジャケットのような斜めのジッパーがバイクや自転車に便利。着丈が長いのでスーツの上から羽織れます。

モデル名    最強ダウンジャケットtype2    
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン95%
フェザー5%
ダウン量
240g
FP
940FP
価格
99,000円(税込)

 

3.最強ダウンジャケットtype3

type1をベースにしたフードなしモデル。フードがジャマにならないため、車移動や帽子をかぶることが多い方におすすめです。

モデル名    最強ダウンジャケットtype3    
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン95%
フェザー5%
ダウン量
220g
FP
940FP
価格
91,300円(税込)

 

4.ダウンパーカ

街着にほどよいボリュームの人気アイテムです。120gというダウン量は他メーカーの真冬用アウターと同等の量です。

モデル名    ダウンパーカ      
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン95%
フェザー5%
ダウン量
120g
FP
940FP
価格
55,000円(税込)

 

5.ダウンジャケット

ナンガホワイトレーベルのなかではもっともシンプルなモデルです。秋口や春先にも着れるボリューム感です。

モデル名    ダウンジャケット     
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン95%
フェザー5%
ダウン量
110g
FP
940FP
価格
52,800円(税込)

 

6.ダウンカーディガン

秋口や春先はアウターとして、冬はコートの下に着ることができます。インナーダウンとしてはダウン量・FPともに最強クラスです。

モデル名    ダウンカーディガン    
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン95%
フェザー5%
ダウン量
50g
FP
940FP
価格
31,900円(税込)

 

あわせて読みたい

 

7.ダウンパンツ

街着として着ぶくれせずスッキリ見えるよう、あえて770FPのダウンを使用。サイドに縫い目がないので冷気の侵入を許しません。

モデル名    ダウンパンツ    
表地
コットン60%
ポリエステル40%
裏地
ナイロン100%
中綿
ダウン90%
フェザー10%
ダウン量
40g
FP
770FP
価格
35,200円(税込)

 

8.キッズダウンジャケット

子供用とは思えないハイスペックな一着。それもそのはずで、大人用モデルと同じ素材が使われているため、もはや「最強キッズダウン」です。

モデル名    キッズダウンジャケット    
表地
オーロラテックス
ライトストレッチ20D
裏地
ミニリップストップ
リサイクルナイロン10D
中綿
ダウン量
60g
FP
940FP
価格
33,000円(税込)

 

ナンガ「ホワイトレーベル」まとめ

以上、ナンガ「ホワイトレーベル」について解説してきました。

 

ナンガ「ホワイトレーベル」は防寒力とファッション性を高いレベルで両立しています。

 

寒さに弱い人や防寒力とおしゃれを両取りしたい人はぜひチェックしてみてください。

 

商品の取り扱いは「MOONLOID」の

の2ヶ所のみです。

 

人気モデルや人気カラーは完売・サイズ欠品が発生するため、早めにチェックすることをおすすめします。

 

【NANGAホワイトレーベル2022年モデル】

  1. フラッグシップモデル→最強ダウンジャケット type1
  2. バイク・自転車に→最強ダウンジャケット type2
  3. 車移動に便利なフードなし→最強ダウンジャケット type3
  4. 着ぶくれしないボリューム感→ダウンパーカ
  5. シンプルなフードなしモデル→ダウンジャケット
  6. インナーにも使えて着回し力◎→ダウンカーディガン
  7. 冬キャンプにも使える→ダウンパンツ
  8. 着れる子が羨ましい→キッズダウンジャケット

 

▼関連記事

 

user heat↓