ゆうきちのDig Dig METAL

メタル歴25年の会社員。かつては某外資系CDショップでHR/HM部門のバイヤーを担当。 当ブログでは『メタルの裾野を広げる』ことを使命として、新譜レビューや名盤ガイドなど情報発信しています。

【KEEN「ジャスパー」レビュー】大きめサイズがおすすめの快適スニーカー


f:id:yukichi_camp:20201211140553j:plain

こんにちは、ヘヴィメタルとキャンプをこよなく愛するゆうきち@yukichi_campです。


春・秋のキャンプに履いていくスニーカーを探していました。

なおかつ街でも履けるおしゃれなものを...

 

ということで、以前からずっと気になっていたKEEN「ジャスパーを購入しました。

 

僕は夏になるとKEENのサンダル「ユニーク」を履いていてるんですが、その履き心地とデザイン性に惚れ込んでいまして。(>>ユニークのレビューはこちら

なので「ジャスパー」も間違いないだろうということで買った次第です。

 

結果、大当たりでした!

もっと早く買っておけばよかった!

 

今回はKEEN「ジャスパー」のサイズ感や履き心地などをレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

KEENジャスパー 外観と特徴

KEEN「ジャスパー」はクライミングシューズとコンフォートシューズのいいとこ取りをしたアウトドアスニーカーです。

アウトドア系スニーカーとしてはロングセラーを記録する定番モデルです。

f:id:yukichi_camp:20201211103151j:plain

 

後ろはこんな感じ。

アウトソールがかかとをホールドする作りになっています。

f:id:yukichi_camp:20201211103439j:plain

スペック

  • アッパー:天然皮革スウェード
  • アウトソール:ノンマーキングラバーアウトソール
  • ミッドソール:フットベッド一体型ミッドソール
  • ライニング:吸湿性に優れたライニング素材
  • フットベッド:リサイクルPUにコルクを混ぜ込んだ環境配慮型フットベッド
  • 重量(片足):463g(27.5cm)
  • 価格:12,980円

 

 

アッパー素材は手触りのよい柔らかなスウェードです。

ブーツとスニーカーの中間のような雰囲気がかわいいですよね。

f:id:yukichi_camp:20201211103350j:plain

 

アウトソールは地面とフラットに接地するように作られていて、耐久性とグリップ性に優れています。

f:id:yukichi_camp:20201211103226j:plain

 

中のフットベッドは肉厚でもちもちしているのでクッション性がバツグン。取り外して干すことも可能です。

f:id:yukichi_camp:20201211103457j:plain

 

27.5cmを購入したのですが、重量は片足463g。

コンバース オールスター ハイカットが同サイズで約450gなので、スニーカーとしては決して軽くはないといった感じでしょうか。

ちょっと気になる点ではありますね...

f:id:yukichi_camp:20201211103723j:plain

特徴

  • ホールド性の高いレースシステム
  • 吸湿性に優れたライニング素材
  • カスタマイズが楽しめるシューレース2種付き

 

 

シューレースがつま先まであるのがKEEN「ジャスパー」の大きな特徴です。

足をしっかりとホールドしてくれるので、他のスニーカーでは味わえないフィット感があります。

また、足元にポイントができるのでおしゃれ。

f:id:yukichi_camp:20201211105234j:plain

 

付属品として靴ひもが2種類ついています。

僕が購入した「色:CATHAY SPICE/ORION BLUE」には、鮮やかなブルーと茶/紺ミックス柄の2種類の靴ひもが入っていました。

気分に合わせて選べるのが嬉しいですよね。

f:id:yukichi_camp:20201211103414j:plain

 

▼KEEN公式の「 ジャスパー」解説動画も参考にどうぞ

お手入れ方法

柔らかいブラシで表面の毛を起こすようにしながら汚れ、ホコリを落とせばOKです。

 

落ちにくい汚れにはスウェード専用の消しゴムやクリーナーを使いましょう。

あとは定期的に防水スプレーを吹きかけてやれば、スウェードの風合いを保ち、靴を保護することができます。

 

【注意】防水スプレーはシミになる可能性があるので、目立たないところで確認することをおすすめします。

 

KEENジャスパー サイズ感

KEEN「ジャスパー」は少し小さめに作られています。

公式サイトにも「この商品の着用感はきつめです。0.5cm大きめをお勧めいたします。」との注意書きが。

 

ただ僕は甲高幅広なので、1cm大きいサイズがちょうどいい感じでした。

普段は仕事用の革靴(26.5cm)を履いていますが、KEEN「ジャスパー」だと(27.5cm/US9.5)がピッタリです。

 

なので、

普通足の方 ▶ 0.5cmアップ

甲高幅広の方 ▶ 1cmアップ

を選ぶといいと思います。

f:id:yukichi_camp:20201211103547j:plain

KEENジャスパー 履き心地

KEEN「ジャスパー」で実際に街を歩いてみました。

 

全体的に履き心地が柔らかいです。

 

で、ホールド感がめちゃくちゃあります。とくにかかとが包み込まれている感覚があるので、ズレたり脱げそうになることが全然ありませんでした。

 

それからちょっと感動したのが、足で地面をつかむ感覚があって歩きやすいんですよね。足の裏に地面を感じるというか、なんか「自分はいま歩いてるぞ!」という実感が沸くんですよ。

 

なお、懸念点であった重さはほとんど気になりませんでした。

f:id:yukichi_camp:20201211105217j:plain

KEENジャスパーシリーズ 他モデル

①ジャスパー ツー ウォータープルーフ 15,400円

KEENオリジナルの防水透湿素材「KEEN.DRY」を採用した防水スニーカー。完全防水でありながら高い透湿性を実現しています。ウォーターアクティビティに最適なモデルです。

②ジャスパーロックス 14,080円

脱ぎ履きがカンタンなバンジーシューレースを搭載したジャスパーの進化系。 防滑性能を高め、よりクライミングシューズに寄せています。

 

KEENジャスパー レビューまとめ

これまでKEEN「ジャスパー」について書いてきました。

 

アウトドアスニーカーなだけあって機能性や履き心地は文句なしという印象です。

ナチュラルな外観はキャンプにもぴったりですし、街で履いてもおしゃれです。

 

あえてデメリットをあげるならば、防水ではないことくらいでしょうか。

アウトドアシーンでは雨やぬかるみは付きものなので、防水面を気にする方は防水モデル「ジャスパー2 WP」をチェックしてみてください。

 

以上、KEEN「ジャスパー」を購入する際の参考になると嬉しいです。

 

 

 

▼関連記事