ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【KEEN「ジャスパー」レビュー】サイズ選びは大きめがおすすめ。ファッション性と機能性を両立したアウトドアスニーカー


f:id:yukichi_camp:20210810115857p:plain

アウトドアスニーカーの定番といえばKEEN「ジャスパー」。

 

アウトドアスニーカーならではの高い機能性と履きごこちに加え、街履き派にもうれしいナチュラルでポップなファッション性を兼ね備えたモデルです。

 

今回、KEEN「ジャスパー」を購入したので、実際に履いてみたサイズ感や印象などをお伝えしていきます。

 

ではさっそく、KEEN「ジャスパー」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

あわせて読みたい

 

KEEN「ジャスパー」外観と特徴

KEEN「ジャスパー」はクライミングシューズとコンフォートシューズのいいとこ取りをしたアウトドアスニーカーです。

 

アウトドア系スニーカーとしてはロングセラーを記録する定番モデルです。

 

【スペック】

アッパー:スエード
重量  :463g(27.5cm/片足)
価格  :12,980円(税込)

 

ぼくはキャセイスパイスカラーの27.5cmを履いています。

f:id:yukichi_camp:20201211103151j:plain

色味はベージュとブラウンの中間のような落ち着いたカラーです。鮮やかなブルーの靴ヒモともマッチしており、ナチュラルでありながらもピリッとアクセントが効いています

 

また、この靴ヒモがつま先まであるのがKEEN「ジャスパー」の大きな特徴です。フィット感を自在に調節できるため、高いホールド性を実現しています。

 

アッパー素材は手触りのいい柔らかなスエードです。

f:id:yukichi_camp:20201211103350j:plain

ブーツとスニーカーの中間のようなコロンとした雰囲気がかわいいですよね。

 

後ろはこんな感じ。

f:id:yukichi_camp:20201211103439j:plain

アウトソールがかかとを包み込む作りになっています。 かかとをしっかりホールドしてくれるため、安定感のある歩行が可能です。

 

アウトソールは凹凸が控えめの平べったい形状となっています。

f:id:yukichi_camp:20201211103226j:plain

着地時に地面とフラットに接地するため、高いグリップ性を発揮。

 

フットベッドは肉厚で足裏のアーチに沿った立体的な構造です。

f:id:yukichi_camp:20201211103457j:plain

感触がもちもちしているのでクッション性がバツグン。足裏全体を均等に支えてくれます。

 

重量は片足463g。

f:id:yukichi_camp:20201211103723j:plain

コンバース「オールスター ハイカット」が同サイズで約450gなので、スニーカーとしては決して軽くはないといった感じでしょうか。

 

KEEN「ジャスパー」には付属品として柄の異なるスペアの靴ヒモがついています。

f:id:yukichi_camp:20201211103414j:plain

キャセイスパイスカラーには、茶/紺ミックス柄の靴ヒモが入っています。気分に合わせて靴ヒモが選べるのが嬉しいですよね。取り替えは面倒ですが......。

 

【メリット】

  • 快適な履きごこち
  • 長時間歩いても疲れにくい
  • 街履きにも対応するファッション性
  • 気分に合わせて選べる靴ヒモ

 

【デメリット】

  • やや重め
  • 防水ではない

 

▼KEEN公式の「 ジャスパー」解説動画も参考にどうぞ

 

 

KEEN「ジャスパー」サイズ

KEEN「ジャスパー」は少し小さめに作られているため、基本的にはワンサイズアップをおすすめします。

 

公式サイトにも注意書きとして「この商品の着用感はきつめです。0.5cm大きめをお勧めいたします」とあります。

  

ただ、甲高幅広の方や厚手のソックスを履く方は1cmアップがおすすめです。

 

ぼくは甲高幅広なので、1cmアップでジャストでした。ふだんは革靴など26.5cmを履いていますが、KEEN「ジャスパー」だと27.5cm/US9.5がピッタリです。

f:id:yukichi_camp:20201211105234j:plain

f:id:yukichi_camp:20201211103547j:plain 

なので、おすすめサイズをまとめると以下のとおりです。

【おすすめサイズ】
  • 普通足の方→0.5cmアップ
  • 甲高幅広の方→1cmアップ
  • 厚手ソックスを履く方→1cmアップ

 

履きごこちチェック

KEEN「ジャスパー」を履いて実際に街を歩いてみました。

 

まず、全体的に履き心地が柔らかいです。

 

で、ホールド感がめちゃくちゃあります。とくにかかとが包み込まれている感覚があるので、ズレたり脱げそうになることが全然ありません。長時間歩いても疲れにくいです。

 

ちょっと感動したのが、足で地面をつかむ感覚があって歩きやすいんですよね。足の裏に地面を感じるというか、なんか「自分はいま歩いてるぞ!」という実感が沸いてきます。

 

なお、懸念点であった重さはほとんど気にならなかったため、許容範囲内だと思います。

f:id:yukichi_camp:20201211105217j:plain

お手入れ方法

KEEN「ジャスパー」は定期的にお手入れすることで長く履くことができます。お手入れの手順はつぎのとおりです。

 

【手入れ手順】

  1. 柔らかいブラシで表面の毛を起こすようにしながら汚れ・ホコリを落とす
  2. 落ちにくい汚れにはスエード専用の消しゴムやクリーナーを使用
  3. 防水スプレーを吹きかける
  4. 陰干しする

 

【注意】防水スプレーはシミになる可能性があるので、まず最初に目立たない部分で確認することをおすすめします。

 

上記を定期的に行うとスエードの風合いを保ち、長持ちさせることができます。「毎回は面倒くさいよ」という方は、ブラシで汚れ・ホコリを落とすだけでもOKです。

 

▼これひとつで手入れは完璧

レザーケア用品の老舗JEWEL(ジュエル)のスエードケアボックス

 

KEEN「ジャスパー」シリーズ

KEEN「ジャスパー」シリーズには防水モデルや、より本格的なアウトドアに適したモデルがあります。

 

①ジャスパー ツー ウォータープルーフ 15,400円

KEENオリジナルの防水透湿素材「KEEN.DRY」を採用した防水スニーカー。完全防水でありながら高い透湿性を実現しています。ウォーターアクティビティに最適なモデルです。

②ジャスパーロックス 14,080円

脱ぎ履きがカンタンなバンジーシューレースを搭載したジャスパーの進化系。 防滑性能を高め、よりクライミングシューズに寄せています。

 

KEEN「ジャスパー」レビュー まとめ

以上、KEEN「ジャスパー」をレビューしてきました。

 

KEEN「ジャスパー」はアウトドアスニーカーなだけあって機能性や履き心地は文句なしです。

 

また、ナチュラルな外観はキャンプにも合いますし、街でも違和感なくおしゃれに履きこなせます。

 

ぜひいちどチェックしてみてください。 

 

 

 

▼関連記事