ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【山渓×ナンガ オーロラ600dx レビュー】コスパ最高の本格ダウンシュラフ


f:id:yukichi_camp:20210302123110j:plain
「山渓×ナンガ オーロラ600dx」について、

・サイズ感を知りたい
・コスパはどうなんだろう
・冬キャンプで寒かったらイヤだな

という疑問や心配があるかと思います。


結論から言うと、冬キャンプをするのであれば「山渓×ナンガ オーロラ600dx」はおすすめのダウンシュラフです。


冬キャンプは想像以上に気温が下がります。「山渓×ナンガ オーロラ600dx」なら夜中に寒くて目が覚めることも減るのではないでしょうか。


今回実際に「山渓×ナンガ オーロラ600dx」を購入しましたのでレビューしていきます。ぜひ最後までお付き合いください!

あわせて読みたい

山渓×ナンガ オーロラ600dx 特徴

f:id:yukichi_camp:20190804180116j:plain

ダウン製品に強みを持つ滋賀県のアウトドアメーカー「ナンガ」とアウトドアショップ「山渓」がコラボした寝袋です。


高いスペックは維持したまま、コストを落とすために色はブラック一色のみとなっています。

収納サイズ

・総重量:約1,250g

・収納サイズ:直径18cm×30cm


A4サイズの雑誌と一緒に並べてみました。
f:id:yukichi_camp:20200921214012j:plain
よこ幅はA4サイズとほぼ同じ。


化繊のシュラフと比べるとコンパクトなので、荷物を減らせそうですね。

サイズ

オーロラ600DXオールブラックにはレギュラーとロングの2サイズあります。

レギュラー 全長210cm 最大肩幅80cm(身長175cmまで)

ロング   全長228cm 最大肩幅85cm(身長185cmまで)

f:id:yukichi_camp:20190804180202j:plain

価格

レギュラー 34,699円(税込)

ロング 36,199円(税込)


なかなか良いお値段します。しかし、ナンガの同等スペックのダウンシュラフのなかではコスパが高いです。詳細は後述します。(>>ナンガ他モデルと比較

ダウン

・ヨーロッパ産ホワイトダックダウン100%

・フィルパワー:760

f:id:yukichi_camp:20190804180413j:plain
フィルパワーとは簡単に言うと保温効果の高さのことで、数値が大きいほど暖かく良質なダウンとなります。


一般的に700フィルパワー以上が高品質ダウンと言われますので、品質的には文句なしです。

適正温度

・快適使用温度:-11℃

・使用可能限界温度:-30℃

冬キャンプは想像以上に気温が下がるんですよね。


たとえば、富士山のふもとにある有名キャンプ場「ふもとっぱらキャンプ場」は標高830mに位置し、最低気温が−10℃前後まで下がります。


なので、オーロラ600dxの快適使用温度:-11℃は心強いですよね。「備えあれば憂いなし」と言いますが、少しオーバースペックかな?くらいがちょうど良いと思います。


【2020年11月追記】
実際に使ってみました。
体感温度はそれぞれ異なると思うので参考程度に考えてください。

気温13℃ ▶さすがに暑かったです。ファスナーを開けて寝ました。
気温5℃ ▶快適に寝ることができました!

オーロラテックス

表生地に撥水性と透湿性を兼ね備えた防水コーティングがされています。
f:id:yukichi_camp:20190804180451j:plain
ダウンの弱点は水。これならテント内に雨が浸水した場合や夜露に濡れた場合でも中のダウンを守ってくれます。


試しに水滴を垂らしてみます。
f:id:yukichi_camp:20190804180512j:plain
しっかりと水を弾いています。

首元のドローコード

ギュッと締めれば防寒性がアップ。
f:id:yukichi_camp:20190804180914j:plain
肩口から冷気の侵入を防げます。

ファスナー

生地を噛み込みにくいファスナーを採用。大きくて掴みやすいのも良いですね。
f:id:yukichi_camp:20190804180937j:plain
暗闇で光るので、夜中にトイレで目が覚めたときでも開閉操作しやすいです。

【レギュラー】と【ロング】の選び方

上がロング、下がレギュラー
f:id:yukichi_camp:20190804180340j:plain
長さが明らかに違いますね。また、ロングはレギュラーに比べて肩幅が5cm大きく作られています。


では、身長178cm体重76kgのわたしが実際に中に入ってみます。

レギュラー

f:id:yukichi_camp:20190804180712j:plain
身長175cm以下が対象ですが、一応入りました。


が!

足元がパツパツで余裕がなく、頭も窮屈。寝返りが打ちにくく、安眠には程遠いですね......。

ロング

f:id:yukichi_camp:20190804180744j:plain
身長185cm以下が対象なのでもちろん入りました。


レギュラーとは異なり、足元も頭も余裕があります。寝返りが自然に打てますね。


うん、ロングの方が圧倒的にラク!


基本的には身長を基準に選べば良いです。しかし、がっちり体型の人は身長にかかわらずロングをおすすめします!

山渓×ナンガ オーロラ600dx お手入れ方法

家庭用洗濯機で水洗い可能

ダウンを洗うと品質が下がってしまいそう.....。多くの方がそんな勘違いをしているかもしれません。


しかし下記の正しい洗濯方法で洗えば大丈夫です。

【洗濯方法】
1.洗濯ネットに入れる。
2.洗濯機の「毛布洗いコース」で洗う。
3.脱水はせずに手で絞る。
4.陰干しする。
5.乾いたら両手で叩き、羽毛をよくほぐす。

これで汗や油がとれ、フワフワのダウンがよみがえりますよ!

永久保証

ナンガのダウンシュラフであれば永久保証の対象となり、修理費無料で期間を限定せずに修理してくれます。


こちらのオーロラ600DXオールブラックも永久保証の対象です。


ただ、ファスナー交換など内容によっては無料の修理では対応できない場合もありますのでご注意を。

ナンガ他モデルと比較

「山渓×ナンガ オーロラ600dx」を他のモデルと比較してみます。

           画像 ダウン量 フィルパワー 快適使用温度 下限温度 重量 価格 ロングサイズ
山渓×ナンガ
オーロラ600dx

      


      600g

        760

     -6℃

   -11℃

1,250g

¥34,699

       +¥1,500
ナンガ
オーロラライト600dx




600g

760

-4℃

-11℃

1,100g

¥55,000

+¥1,500
ナンガ
UDD BAG630dx




630g

770

-5℃

-10℃

1,045g

¥55,000

+¥1,500
ナンガ
オーロラ500




500g

650

1℃

-4℃

1,185g

¥33,000

+¥1,500
ナンガ
オーロラ750




750g

650

-6℃

-14℃

1,490g

¥44,000

+¥1,500
モンベル
ダウンハガー650#1

f:id:yukichi_camp:20210310113216j:plain

700g

650

-5℃

-12℃

1,190g

¥36,300

+¥2,200

「山渓×ナンガ オーロラ600dx」のコスパの高さが一目瞭然ですね。他のナンガモデルと比べてスペックと価格のバランスは圧勝です。


モンベル「ダウンハガー650#1」はほぼ互角といった感じですが、色がオレンジというのが好みが分かれるところ。その点、「山渓×ナンガ オーロラ600dx」はブラックなので使いやすいと思います。


①ナンガ オーロラライト600dx
「オーロラライト」は「オーロラ」を軽量化したモデルです。

②ナンガ UDD BAG 630dx
「UDD BAG」シリーズは羽毛にも撥水加工をしており、水に強いモデルです。

③ナンガ オーロラ500

④ナンガ オーロラ750

⑤モンベル ダウンハガー650#1
webshop.montbell.jp

納期に注意

「山渓×ナンガ オーロラ600dx」は早めに注文した方が良いです。なぜなら受注生産だからです。


ぼくは注文してから4ヶ月も待ちました。冬が近づくにつれて注文が増えるため、肝心の冬キャンプに間に合わないことも...。


冬キャンプに備えるなら、8月くらいまでに注文しておいたほうが無難です。

山渓×ナンガ オーロラ600dx レビュー まとめ

最後に「山渓×ナンガ オーロラ600dx」のメリットとデメリットをまとめます。

メリット

・コンパクトで軽量
・コスパが良い
・サイズが選べる
・冬キャンプでも快適な睡眠が得られる
・洗濯機で水洗い可能
・「ナンガ」ブランドの信頼感
・永久保証なので長く使える

デメリット

・とはいえ高額
・受注生産のため、すぐには入手できない


冬キャンプ用のダウンシュラフを探しているなら「山渓×ナンガ オーロラ600dx」は候補になるのではないでしょうか。


「ナンガ」のハイスペックなシュラフのわりにはコスパが高いですし、冬キャンプの心強い味方になってくれます。


冬キャンプでも快適な睡眠を得たいなら「山渓×ナンガ オーロラ600dx」はおすすめです!


ただ、受注生産なので8月くらいまでに注文しておいたほうが確実です。


楽天市場Yahoo!ショッピングで購入できます。Amazonでは販売していませんのでご注意ください。

▼レギュラー 身長175cmまで▼


▼ロング 身長185cmまで▼



▼関連記事▼