ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

パワーや音質は不要【キャンプ用bluetoothスピーカー6選】手のひらサイズ&防水防塵がおすすめ



f:id:yukichi_camp:20211017115007p:plain

スマホの普及によってbluetoothスピーカーが主流となり、キャンプで気軽に音楽やラジオが楽しめるようになりました。

 

キャンプにBGMがあると雰囲気がグッと高まりますよね。

 

とくに焚き火をぼんやり眺めながらだと最高です。

 

とはいえ、

 

「荷物を増やしたくない」

「突然の雨や砂ボコリで壊れないか心配」

 

という声があるのも事実。

 

そこで本記事ではキャンプにおすすめな

  • 軽量・コンパクト
  • 防水・防塵

仕様のbluetoothスピーカーを紹介します。ぜひ最後までお付き合いください。

 

キャンプ用bluetoothスピーカーを選ぶ3つのポイント

f:id:yukichi_camp:20211017114634j:plain

キャンプ用bluetoothスピーカーを選ぶポイントは以下の3点です。

  1. 軽量・コンパクト
  2. 防水・防塵
  3. パワー・音質はそこそこでOK

 

それぞれ深堀りしていきます。

 

1.軽量・コンパクト

キャンプに多くの荷物は持って行けません。

 

持ち運びの負担を減らすためにbluetoothスピーカーは軽量・コンパクトなものをおすすめします。

 

bluetoothスピーカーは必需品ではなく、プラスαのアイテムです。できれば手のひらサイズがベターです。

 

2.防水・防塵

bluetoothスピーカーは防水・防塵のものを選びましょう。

 

というのもキャンプに雨は付きものだからです。とくに山間部では急な天候変化もしばしば。雨に濡れても壊れないよう防水性能は必須です。

 

また野外のため目に見えない砂ボコリが舞っています。防塵性能が付いていればなお安心です。

 

3.パワー・音質はそこそこでOK

キャンプ用bluetoothスピーカーのパワー(出力)や音質にはそこまでこだわらなくても大丈夫です。

 

マナー上、大音量が出せないためです。

 

大音量はまわりのキャンパーの迷惑になります。お互い気持ちよく過ごすために音量はできるだけ絞りましょう。

 

となると、そもそも出力や音質はあまり必要ありません。キャンプ用bluetoothスピーカーなら出力が3〜5W(ワット)あれば十分です。

 

キャンプにおすすめのbluetoothスピーカー6選

軽量・コンパクトかつ防水・防塵性能を備えたbluetoothスピーカーをセレクトしました。

 

Amazonでレビュー数の多いモデルを3,000円以下と3,000円以上に分けて紹介します。

 

3,000円以下

実売価格が3,000円を切る高コスパモデルを紹介します。

EWA「A106Pro」

サイズ :直径48×40mm
重量  :175g
出力  :3W
防水防塵:IP67
連続再生:8時間
価格  :1,999円(税込)〜

 

EWA「A106Pro」の特徴はなんといっても超コンパクトなサイズ感です。

 

手のひらサイズどころか指先サイズにもかかわらず、スペックも充実した実力派。

 

とにかく小型のbluetoothスピーカーを探しているならおすすめです。単品で2,000円を切るコスパも魅力。

 

MIFA「A1」

サイズ :85×46×86mm
重量  :175g
出力  :5W
防水防塵:IP56
連続再生:12時間
価格  :2,099円(税込)〜

 

今回紹介するbluetoothスピーカーのなかで、MIFA「A1」は防水防塵性能がワンランク落ちます

 

しかし5Wの出力や12時間連続再生のロングバッテリーなど、それをカバーするのに十分すぎるスペックは魅力的

 

上位機種に引けを取らない性能ながらも約2,000円というコスパは圧巻です。

 

Anker「Soundcore Icon Mini」

サイズ :95×76×36mm
重量  :215g
出力  :3W
防水防塵:IP67
連続再生:8時間
価格  :2,599円(税込)

 

欧米でトップクラスの販売実績を誇るモバイルバッテリーブランド「Anker」のbluetoothスピーカーです。

 

上記2機種と比較すると飛び抜けた特徴がなく、うまくまとまっている印象

 

同社のスピーカー・イヤホン部門である「Soundcore」シリーズは定評があるため、ブランドの安心感を得たい人におすすめします。

 

3,000円以上

実売価格が3,000円以上でスペックも充実したエントリーモデルを紹介します。

JBL「GO3」

サイズ :86×69×40mm
重量  :209g
出力  :4.2W
防水防塵:IP67
連続再生:5時間
価格  :5,280円(税込)

 

老舗スピーカーブランド「JBL」の小型bluetoothスピーカーです。

 

スペックと価格のバランスを考えると割高感は否めません。とくに5時間しかバッテリーが持たないのはキャンプで使うには致命的かなと。

 

とはいえポップなルックスと豊富なカラーバリエーションは魅力なので、ファッション性重視ならおすすめです。

 

JBL「CLIP4」

サイズ :86×135×46mm
重量  :239g
出力  :5W
防水防塵:IP67
連続再生:10時間
価格  :6,930円(税込)

 

JBL「CLIP4」の大きな特徴は本体にビルトインされたカラビナです。

 

このカラビナがキャンプに便利で、バッグに引っ掛けて持ち歩いたり、木の枝なんかにも引っ掛けて使うことができます。

 

コロンとしたフォルムもおしゃれで、スペックも文句なしです。

 

ぼくはこのJBL「CLIP4」を愛用しています。

 

あわせて読みたい

 

ソニー「SRS-XB13」

サイズ :直径76×95mm
重量  :253g
出力  :5W
防水防塵:IP67
連続再生:16時間
価格  :7,700円(税込)

 

ソニー「SRS-XB13」は16時間連続再生のロングバッテリーを誇ります。

 

今回紹介したなかではもっとも重量があり、価格が高いモデルとなりますが、バッテリーを気にする必要がないのは大きなメリットです。

 

2泊3日くらいであれば充電しなくても使えるので、連泊キャンプにおすすめします。

 

キャンプにおすすめのbluetoothスピーカー6選 まとめ

以上、キャンプにおすすめのbluetoothスピーカーを紹介してきました。

 

キャンプではマナー上、大音量が出せないのでパワーや音質にこだわらなくても大丈夫です。

 

軽量・コンパクトかつ防水・防塵性能を備えたbluetoothスピーカーなら持ち運びの負担にならず、急な天候変化にも安心して使えます

 

ぜひお気に入りの一台を見つけてみてください。

 

ぼくはJBL「CLIP4」を使っています。バッグや木の枝なんかにも引っ掛けられるカラビナ付きのためキャンプに便利です。

 

【今回紹介したなかでおすすめの機種】

3,000円以下→MIFA「A1

3,000円以上→JBL「CLIP4

 


▼関連記事

 

user heat↓