ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」レビュー|サイズはひとつ大きめを選ぶべき

春・秋の肌寒い季節用にノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」を購入しました。


購入の決め手は以下の3つです。

  • インナーにもアウターにも使える薄手生地
  • 春先や秋口の季節の変わり目に使いやすい
  • 部屋着やキャンプで気軽に羽織れる

 

本記事ではノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」について

  • 特徴
  • サイズ感
  • メリット・デメリット

など、実際に使ってみた印象をお伝えします。

 

いやー、薄手のフリースがこんなに使い勝手が良いとは想像以上でしたね。普段着用のスウェットやパーカーをすべて隅に追いやってしまう勢いです。

 

というわけで、ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

【メリット】

  • 春先や秋口など季節の変わり目にちょうどいい
  • アウターとインナーの両方に使えて着回しが効く
  • 結果的に秋〜春まで長いシーズン使える
  • スウェットやジャージ感覚で気軽に羽織れる
  • 部屋着に使うとリラックスできる
  • 軽量なため肩が凝らない
  • 内ポケット付きで収納力アップ

【デメリット】

  • 冬のアウターには厳しい
  • 街着は微妙

 

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」外観と特徴

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」は薄手のフリース素材を使用した中間保温着です。登山シーンからも高く評価されています。

 

【スペック】

本体素材:バーサマイクロ100 ECO(ポリエステル100%)

肩素材:ノーステッククロス ECO(ナイロン100%)

重量:275g(XLサイズ)

価格:11,800円(税込)

 

178cm76kgのぼくはアーバンネイビーのXLサイズを購入しました。

ノースフェイス マウンテンバーサマイクロジャケット

肩の切り返しがノースフェイスらしいデザインです。アーバンネイビーの色味は落ち着いた紺色。ベーシックなので、年齢問わず着れます。

 

生地はノースフェイス独自のフリース素材「バーサマイクロ100」です。

目が細かく、肌触りはふんわり滑らか。いわゆるマイクロフリースですね。

 

切り返しになっている肩部分もオリジナル素材の「ノーステッククロス」。ナイロンです。

これは単なるデザインだけでなく、リュックの肩ベルトとの摩擦を防ぐ役割もあります。つまりフリースがボロボロになりません。

 

重量はXLサイズで275g。ホット専用の小さいペットボトル飲料くらいの重さです。

中間着として着るなら、スウェットやニットよりも断然軽いですね。

 

たとえば、同じノースフェイスのスウェット「スクエアロゴクルー」は約630g、パタゴニア「P-6アップライザル スウェット」は約550gあります。

 

「マウンテンバーサマイクロジャケット」なら、およそ半分の重さ

 

そりゃ肩が凝らないわけです。着ていてラクなので、リラックスできます。

 

そして、持ち運びの負担にもなりません。朝晩が冷えるキャンプのお供にもおすすめです。

 

生地の厚みは、感覚的にだいたい0.5cm。

フリースとしては薄手です。アウターとして着るなら、春先と秋までが限界。冬は厳しいです。

 

冬はスウェットやニットと同じ感覚で、インナーとして使うのがいいでしょう。薄手ではあるものの、じんわり暖かいです。

 

次にポケットを見ていきます。

 

ポケットはトータルで4つ。左右のファスナー付きハンドポケットと......

 

ありがたいことに、内ポケットが2つ付いています。

この内ポケットは、タテ23cm×ヨコ16cmほど。長財布がすっぽり収まるサイズで、何かと便利です。

 

財布やカギなどの貴重品は、こちらに収納すると安心ですね。

 

袖と裾はテープ処理されています。

伸縮性があり、適度にフィットするのでラクちん。

 

ジップはYKK製を使用しています。

開閉もスムーズで問題ありません。材質がしなやかで、ゴワつきがないので、部屋でゴロゴロするのにピッタリです。

 

襟の内側は、肌当たりのやわらかいトリコット生地です。

首がチクチクせず、敏感肌でも大丈夫

 

チンガードも装備されています。ファスナーが直接肌に触れないので、ヒンヤリすることも不快感もありません。

使い勝手バツグン

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」は使い勝手が良いです。

 

なぜなら、生地が薄手だから。

 

フリースというと、保温力の高い厚手タイプに目がいきがちです。

 

しかし薄手タイプなら、アウターにもインナーにもいけるので、着回しが効き、トータルで長いシーズン使えます。

 

また、肌寒い季節の部屋着にもおすすめです。朝起きてサッと羽織るのにちょうどいいですよ。

 

スウェットやジャージのように気軽に羽織れて、ニットのようにじんわり暖かい。

 

部屋着には、これくらい薄手のものが合っています。

 

使い勝手において、ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」の右に出るジャケットはないですね。

 

繊維抜けする?

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」を検討中のあなたにとって、心配なのは繊維抜けですよね。

 

Amazonレビューを見ると、チラホラ指摘されているので気になります。

 

ただ、ぼく自身の経験では、そのような繊維抜けはありません

 

Amazonレビューの投稿時期を眺めていると、指摘は2019年ごろがもっとも多いです。

 

で、2021年以降はかなり減っています

 

個体差もあるかもしれませんが、現行モデルは改善されている可能性が高いですね。

 

なので、いまから買うならそれほど気にしなくていいかと思います。

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」サイズ感

サイズ表(cm)

  着丈 身幅 裄丈 裾幅
S
64
50
81
44
M
66
52
84
46
L
68
54
87
48
XL
70
56
90
50
XXL
72
58
93
52

 

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」は登山用の中間着なので、タイトで小さめの作りとなっています。

 

よってサイズ選びは、ワンサイズアップがおすすめです。

 

そのほうがアウターとインナーの両方に使えて、着回しやすいはず。

 

もし、インナー専用でタイトに着たいなら、いつもどおりのサイズで問題ありません。

 

178cm76kgのぼくは、ふだんLサイズを着ることがほとんどですが、この「マウンテンバーサマイクロジャケット」はワンサイズアップのXLサイズがちょうどいい感じです。

 

実際に着てみた画像がこちら。中にTシャツを着ています。

ノースフェイス マウンテンバーサマイクロジャケット サイズ感

ワンサイズ大きめとはいえ、袖や裾の長さ、胴回りなどもジャストです。

 

決して大きすぎることはありません。

 

ただ、脇は若干タイトですかね。

 

中に着るのはTシャツやロンT一枚が限界といったところ。Tシャツ+シャツなど二枚着るには脇が厳しいです。

 

なので、アウターとして使うなら春先か秋までですね。

 

インナーとして使う場合は、ワンサイズ大きめでも着ぶくれしないので、シルエットに響かず、スッキリ着こなせます。

 

よって繰り返しになりますが、ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」のサイズ選びはワンサイズアップがおすすめです。

洗濯・毛玉ケア方法

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」は洗濯機が使えます。

 

洗濯表示がこちら。

表示をまとめると以下のとおりです。

【OK】

  • 水温30℃以下で洗濯機の弱モードで洗濯
  • 日陰で吊り干し
  • 弱いウェットクリーニング

【NG】

  • 漂白剤
  • タンブル乾燥
  • アイロン
  • ドライクリーニング

 

気をつけるポイントは、洗濯機を弱モード(機種によってドライコースやデリケートコースなど呼び方はさまざま)に設定することくらいです。

 

また、「マウンテンバーサマイクロジャケット」は生地が薄いので、傷まないよう洗濯ネットに入れることをおすすめします。

 

あと気になるのは、毛玉ですよね。

 

前提として、フリースは必ず毛玉ができます

 

とくに脇や腕の内側などの摩擦が起こる部分。

 

そういうものなので仕方ありません

 

でも、キレイな状態で少しでも長く着たいですよね。

 

もし毛玉が目立ってきたら、毛玉取りブラシや毛玉取り機を使いましょう。

 

すると、生地のダメージを抑えつつケアできます。

 

つまんで引きちぎるのだけは絶対にやめてください。

 

見た目はキレイになったとしても、生地を傷めてしまい、寿命を早めるだけです。

 

▼Amazon、楽天ともに高評価の毛玉取りブラシ

▼Amazonレビュー6,000件以上の毛玉取り機

ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」レビュー まとめ

以上、ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」をレビューしてきました。


ノースフェイス「マウンテンバーサマイクロジャケット」は肌寒い季節に、スウェットやジャージのように気軽に羽織れる薄手のフリースジャケットです。

 

アウターとインナーの両方に使えるので、着回しが効き、使い勝手バツグン

 

部屋着やキャンプにもおすすめです。


ぜひいちどチェックしてみてください。

 

【メリット】

  • 春先や秋口など季節の変わり目にちょうどいい
  • アウターとインナーの両方に使えて着回しが効く
  • 結果的に秋〜春まで長いシーズン使える
  • スウェットやジャージ感覚で気軽に羽織れる
  • 部屋着に使うとリラックスできる
  • 軽量なため肩が凝らない
  • 内ポケット付きで収納力アップ

【デメリット】

  • 冬のアウターには厳しい
  • 街着は微妙


▼関連記事

user heat↓