ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【ウーフォス「ウーアー」レビュー】キャンプ場でのリラックスタイムにおすすめのリカバリーサンダル


ウーフォス ウーアー

昨今よく耳にする「リカバリーサンダル」。

 

スポーツ後の疲労回復にフォーカスしたサンダルとして注目を集めています。

 

そのリカバリーサンダルの代表的なブランドが【ウーフォス】です。

 

今回ぼくはキャンプ場でのリラックスタイム用として、ウーフォスのスライドモデル(つっかけ)である「ウーアー」を購入したのですが......

 

未体験の履きごこちにビックリしました!

 

もちもちとしたやわらかな感触と、土踏まずをしっかり支えるホールド感を両立し、極上の履きごこちが味わえます

 

キャンプ場だけでなく、普段使いしたくなるサンダルです。なんなら自宅でも履いていたいくらい。

 

では、ウーフォス「ウーアー」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

ウーフォス「ウーアー」外観と特徴

ウーフォスはアメリカ発のリカバリーシューズブランドです。「ウーアー」は甲がストラップで覆われたスライドモデルのリカバリーサンダル。

 

全米足病医学協会(APMA)から認証を受けており、足の健康をバックアップする効果が認められています

 

◆全米足病医学協会(APMA)とは◆
足病医の総合事務所として世界的な権威を持つ、まさに人間の下肢全体を研究するプロフェッショナル集団です。

 

【スペック】
素材:特殊素材Oofoam(合成ゴム)
重量:158g(片足)
価格:6,380円(税込)

 

ぼくはブラックの27cmを購入しました。

ウーフォス ウーアー

これぞ「THE サンダル」というべきトラディショナルな佇まいです。
素材は「Oofoam(ウーフォーム)」と呼ばれるウーフォスの独自素材。とてもやわらかく、もちもちしています。

 

横から見てみるとソールとフットベッドの厚みがよく分かります。

ウーフォス ウーアー

この分厚いソールとフットベッドが従来のシューズと比べて歩行時の衝撃を37%抑え、足や関節へのダメージを軽減してくれます。

 

1歩踏み出すたびに、1/3もの衝撃を減らしているということですね。

 

フットベッドは人間工学に基づき、足裏のアーチに沿った形状です。

ウーフォス ウーアー

とくに土踏まずが盛り上がっており、足をしっかりサポートしてくれます。

 

ソールには多数の溝が刻まれ、グリップ性を確保。

ウーフォス ウーアー

滑りづらく、安定した歩行を可能にしています。

なお、お手入れは中性洗剤を使用した水洗いが可能です。長く履くために、こまめなメンテナンスをおすすめします。

 

サイズ

サイズ表(男女兼用)

ウーフォスサイズ        M3/W5 M4/W6 M5/W7 M6/W8 M7/W9 M8/W10 M9/W11 M10/W12 M11/W13
日本サイズ
22cm
23cm
24cm
25cm
26cm
27cm
28cm
29cm
30cm

 

ウーフォス「ウーアー」のサイズ展開は1cm刻みで、ハーフサイズはありません。フィット感を重視した、やや小さめの作りとなっています。


なので、サイズ選びは大きめがおすすめです。

 

ぼくは革靴など通常は26.5cmを履いています。素足だとウーフォス「ウーアー」は27cm(M8/W10)がジャストサイズです。

ウーフォス ウーアー サイズ

ウーフォス ウーアー サイズ感

甲高幅広ですが、甲のストラップも横幅もピッタリ。完璧なフィット感です。

 

薄手のソックスなら問題なく履けます。

ウーフォス ウーアー 薄手ソックス

フィット感は素足とほぼ変わらず、ジャストフィット。

 

厚手のソックスも履けるのですが、ちょっとキツイです。ソックスの甲の部分にシワが寄っているのが分かります。

ウーフォス ウーアー 厚手ソックス

厚手のソックスを履く場合は、もうワンサイズ大きめ(28cm)がよさそうです。

 

まとめると、おすすめサイズは以下のようになります。

【おすすめサイズ】

  • 素足 or 薄手ソックス→+0.5〜1cm
  • 厚手ソックス→+1〜1.5cm

 

【例】ぼくの場合(通常26.5cm)

  • 素足 or 薄手ソックス→27cm
  • 厚手ソックス→28cm

 

 

4つのメリット

ウーフォス「ウーアー」のメリットは以下の4つです。

1.未体験の履きごこち

ウーフォス「ウーアー」の履きごこちは未体験ゾーンです。

 

全体的にもちもちとしたやわらかい感触で、素材の肌当たりもソフト

 

しかし、ただ単にやわらかいだけでなく、土踏まずをしっかり支えてくれるため、足や関節への負担を軽減してくれます。

 

実際に歩いてみると、着地の衝撃を吸収してくれる感覚があります。一般的なサンダルとの差は一目瞭然。

 

なので、室内履きにもおすすめです。外で履くだけではもったいない。

 

職場や自宅で履くのもアリじゃないでしょうか。

 

2.ソックスを履いたままOK

ウーフォス「ウーアー」はつっかけタイプのため、ソックスのまま履けます。

 

ということは、夏だけでなく、春と秋にも履けるということです。

 

疲労は季節に関係ないので、なるべく長いシーズン履けるほうがいいですよね。

 

ソックスを履く場合は、通常履いているサイズよりも1cm〜1.5cm大きめサイズをおすすめします。

 

3.持ち運びに便利

ウーフォス「ウーアー」は持ち運びに便利です。

 

理由は以下のふたつ。

 

  • 軽量
  • ラフに扱える

 

まず、ウーフォス「ウーアー」の重量は片足158gと軽量です。だいたいバナナ1本くらいのイメージですかね。

ウーフォス ウーアー 重量

素材の「Oofoam(ウーフォーム)」は高密度のため水に浮きます。それくらい軽いです。


また、少々ラフに扱っても型くずれの心配がないため、持ち運びのハードルがグッと下がります


よって旅行やアウトドアなどに気楽に持ち運べ、出先でリラックスタイムを味わうことが可能になります。

 

4.キャンプで使える

ウーフォス「ウーアー」はキャンプにもおすすめです。

 

キャンプ場ではテントの出入りなど、靴の脱ぎ履きが面倒に感じる場面が多々あります。

 

ウーフォス「ウーアー」に履き替えれば、面倒な靴の脱ぎ履きがなくなるうえに、リラックスもできて一石二鳥

 

また、自宅からキャンプ場までの移動も疲れるものです。2時間かかることもザラにあります。ウーフォス「ウーアー」は移動疲れを癒やすのにももってこいです。

 

2つのデメリット

逆にデメリットは以下のとおりです。

1.デザインがイケてない

ウーフォス「ウーアー」のデザインは悪くいえば「便所サンダル」です。

 

さすがにこれで街に出るのは抵抗があります。せいぜい近所のコンビニが限界です。

 

そもそも、ウーフォス「ウーアー」はデザイン云々を語るサンダルではありません。疲労回復という実用性に重きを置いたサンダルです。

 

それでも「もう少しデザインにもこだわりたいなぁ」というのであれば、

 

  • ウーアーリュクス
  • ウーアースポーツ


をおすすめします。(※どれも機能面は同じです)

 

▼女性におすすめの艶ありモデル「ウーアーリュクス」

▼スポーティーなデザインの「ウーアースポーツ」

 

2.高額

ウーフォス「ウーアー」はサンダルとしては6,380円(税込)と高額です。

 

躊躇する気持ちはよく分かります。ぼくも履いてみるまで半信半疑でした。

 

なんせルックスがビーチサンダルやシャワーサンダルとほぼ変わりませんからね。

 

しかし、疲労を軽減させる機能性とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を考えれば投資する価値はあると思います。

 

少なくともぼくは購入してよかったと感じています。

 

ウーフォス リカバリーサンダルシリーズ

①ウーオリジナル

もっともスタンダードなビーチサンダルタイプ。

②ウーアー スポーツ フレックス

甲のフィット感を調節できる上級モデル。

③ウー クローグ

つま先までカバーしたクロッグモデル。

 

ウーフォス「ウーアー」レビュー まとめ

以上、ウーフォス「ウーアー」をレビューしてきました。

 

ウーフォス「ウーアー」はもちもちとしたやわらかな感触と、土踏まずをしっかり支えるホールド感を両立し、極上の履きごこちが味わえます。

 

キャンプ場でのリラックスタイムにおすすめですので、ぜひいちどチェックしてみてください。

 

▼女性におすすめの艶ありモデル「ウーアーリュクス」

▼スポーティーなデザインの「ウーアースポーツ」

 

▼関連記事