ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【モンベル「スーパーメリノウール」レビュー】冬キャンプのインナーにおすすめ


f:id:yukichi_camp:20201222143506j:plain
冬キャンプの服装に迷う人は多いと思います。

 

冬キャンプの服装というと、どうしてもアウターに目が行きがちですが、その前にインナーにこだわってみませんか?
インナーにこだわると、より快適な冬キャンプが楽しめること間違いなしですよ。

 

そこでおすすめなのが、モンベル「スーパーメリノウール」

 

ぼくは冬キャンプでは必ず着ているほどお気に入りです。
そんなモンベル「スーパーメリノウール」の魅力を解説していきますね。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

そもそもなぜインナーにこだわるべきなのか?

f:id:yukichi_camp:20201222143502j:plain

アウトドアは重ね着が基本

アウトドアでは見た目以上に機能性が大切です。

 

もっとも体に近いところから、

 

  • ベースレイヤー・・・インナー
  • ミッドレイヤー・・・中間層
  • アウターレイヤー・・・外気を遮断

 

で、これらをうまく重ねて着るのが基本となります。

 

ベースレイヤーが重要

ベースレイヤーは一番下に着るものなので、体にもっとも近い層となります。
なので、本来はもっと気を使うべき部分なんですね。

 

ポイントは素材のチョイス。
体から発散する湿気を逃し、温度は逃さないことがとても重要です。

 

これにピッタリなのがウールで、近年はウール素材のインナーが注目されています。

 

ウール素材のインナー

温度調節がしやすいことが魅力で、ウールとは思えないような柔らかくて肌触りのいい商品が近年たくさん出てきています。

 

実際に着てみると、本当に着心地がよく、薄くても保温力バツグンなので驚きです

 

そんな数あるウール素材のインナーのなかでも、コスパがいいのがモンベル「スーパーメリノウール」なんです。

 

モンベル「スーパーメリノウール」 外観

モンベル「スーパーメリノウール」は日本のアウトドアメーカー モンベルが販売しているウール素材のインナー。

 

ぼくが愛用しているのは中厚手タイプM.W.(ミドルウェイト)のラウンドネックシャツです。
ラウンドネックとは一般的に言うクルーネックのことですね。

f:id:yukichi_camp:20201222141025j:plain

 

中厚手タイプM.W.の生地の厚さはこんな感じ。

光を通すとかすかに透けるくらいの厚さです。

f:id:yukichi_camp:20201222140945j:plain

 

ラグランスリーブなので肩まわりが動かしやすいです。

首元もしっかり補強されているので、伸びにくくなっています。

f:id:yukichi_camp:20201222141127j:plain

 

袖は締めつけがなく快適。

f:id:yukichi_camp:20201222142812j:plain

 

裾も補強されていてヨレやネジレができにくくなっています。

f:id:yukichi_camp:20201222141157j:plain

 

モンベル「スーパーメリノウール」 特徴

モンベル「スーパーメリノウール」は低温下での長時間のアクティビティに対応する天然の吸湿発熱素材「スーパーメリノウール」を使用しています。

 

おもな特徴は、

  • 暖かさが持続する
  • 汗冷えを防ぐ
  • においを抑える

 

アウトドアフィールドにおける快適性・機能性・安全性に対応した究極のインナーといえるでしょう。

 

モンベル「スーパーメリノウール」 おすすめは中厚手タイプ「M.W.」

モンベル「スーパーメリノウール」はメンズとレディースそれぞれシャツやタイツなどが発売されています。

 

生地の厚さは下記の3種類。

  • 薄手タイプ「L.W.
  • 中厚手タイプ「M.W.
  • 厚手タイプ「EXP.

 

f:id:yukichi_camp:20201222122250p:plain

ぼくは中厚手タイプの「M.W.」をおすすめします

 

なぜなら、


「L.W.」は旅行・ハイキング向け
「EXP.」は極地遠征・冬季登山向け


と、キャンプとはちょっと用途が異なるからです。

 

いっぽうで「M.W.」はスノースポーツ・野外観察向け


なので、用途がキャンプとマッチしています。

 

さらに、生地が厚すぎず薄すぎずなので、家でも街でも重宝すること間違いなしです
ぼくは家でのんびりするときにも着ています。
本当に着心地がよくて暖かいんですよ。

 

モンベル「スーパーメリノウール」の価格は5,000円以上と決して安くはありませんが、他のメーカーだと10,000円前後はするため、かなり良心的な価格といえるんじゃないでしょうか。

 

【参考】他社ウールインナー

▼アイスブレーカー

▼スマートウール

モンベル「スーパーメリノウール」 メリットとデメリット

メリット

  • 着た瞬間から暖かい
  • ストレッチが効いて動きやすい
  • 肌触りがよくチクチク感が少ない
  • ムレにくく汗冷えしない
  • 防臭効果が高い
  • 静電気が起きにくい
  • 家庭で洗濯できる

 

デメリット

  • インナーとしては価格が高め
  • 虫食いの可能性
  • 毛玉ができる

 

上記のデメリットはそこまで問題ないと思っています。

 

価格は決して安くはないものの、他社のウールインナーと比べると良心的な価格です。


保管するときはウールのセーターと同じように防虫剤を使いましょう。
虫食いの可能性は少なくなります。


毛玉については、ぼく自身そこまで気になっていません。
そもそもインナーですし、人に見せるわけではないので。

 

モンベル「スーパーメリノウール」レビュー まとめ

ウール素材のインナーを検討するなら、モンベル「スーパーメリノウール」試す価値ありです。

 

上記のメリットとデメリットをふまえて総合的に見ると非常にコスパが高いので、ぼくはとても気に入ってます。
おそらく今後も買い足していくと思います。

 

通販するならL-Breathがおすすめ

モンベル「スーパーメリノウール」Amazonや楽天ではほぼ販売されていません。

 

いろいろ探してみましたが、通販で取り扱っているショップは以下の2店舗のようです。

 

モンベル「スーパーメリノウール」を通販で購入するのであれば、ぼくはL-Breathをおすすめします。

 

なぜなら送料無料金額が低いんですよ。

 

  • モンベル 税抜10,000円以上
  • L-Breath 税込5,500円以上

 

ということは、モンベル「スーパーメリノウール」一枚だけでも送料無料で購入できるということなんですね。

 

しかも、L-Breathは「スーパースポーツゼビオ」の系列店で、全国70店舗以上もある有名店なので安心して利用できるのではないでしょうか。
モンベル以外にも「ノースフェイス」や「パタゴニア」「コロンビア」といった人気アウトドアブランドも取り扱っています。

 

▼メンズ

px.a8.net

px.a8.net

▼レディース

px.a8.net

px.a8.net

 

その他おすすめの防寒グッズ

▼ウール100%のネックウォーマー

マフラーより断然ラクです。

▼ウール素材の靴下

生地が厚くて履き心地サイコー。

 

▼関連記事

yukichi-camp.hatenablog.com

yukichi-camp.hatenablog.com

yukichi-camp.hatenablog.com