ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【キャンプ音楽/BGM】キャンプにおすすめのほっこり系洋楽10選


f:id:yukichi_camp:20210202134917j:plain

  • キャンプでおしゃれな雰囲気のBGMを流したい
  • ベタなヤツではなく、少しこだわりが感じられるものがいい
  • うるさくなくて落ち着いた洋楽がいい

 

こんな落ち着いた大人キャンパーさんにおすすめの洋楽作品を紹介します。

 

この記事は元外資系CDショップのバイヤー経験があるゆうきちが書いています。

 

落ち着いたキャンプの雰囲気に合うほっこり系洋楽の名盤を10枚セレクトしていますので、キャンプのBGMにぜひどうぞ。

 

ただ、音楽NGのキャンプ場や近隣の迷惑にならないよう音量にはご注意を。

キャンプにおすすめのほっこり系洋楽10選

▶各楽曲30秒試聴できます!

1. JAMES IHA「Let It Come Down」(1998)

米ロックバンド=スマッシング・パンプキンズのギタリストによるソロアルバム。

スマパンではラウドなギターを弾いているイハだが、本作はフォーキーで牧歌的なポップ作品。

素朴な歌と暖かいメロディが幸せな気分にさせてくれる。

おすすめ曲:1、2

 

 

2. JASON MRAZ「We Sing, We Dance, We Steal Things」(2008)

アメリカ出身のシンガーソングライター=ジェイソン・ムラーズの3rd。

レゲエ、AOR、ソウル、ヒップホップなどの要素を絶品のメロディセンスでまとめあげた爽やかな作品。

海や水辺のキャンプがよく似合うサウンド。

おすすめ曲:2、3

 

 

3. VAMPIRE WEEKEND「Father Of The Bride」(2019)

アメリカのインディロックバンド=ヴァンパイア・ウィークエンドの4th。

持ち前のロカビリーやトロピカルな要素も健在ながら、よりいっそう成熟したサウンドを聴かせる一枚。

まったりとしながらもカラフルなポップネスは多幸感に包まれること必至。

おすすめ曲:2、4

 

 

4. FLEET FOXES「Fleet Foxes」(2008)

アメリカ出身のインディロックバンド=フリート・フォクシーズのデビュー作。

バンジョー、マンドリン、フルートなどの古典楽器と美しいコーラスワークを自在に操り、壮大かつ牧歌的なサウンドを聴かせる作品。

耳当たりは静かだが、不思議と気持ちが高揚してくる。

おすすめ曲:3、4

 

 

5. THE WEEPIES「Say I Am You」(2006)

アメリカのアコースティックポップ夫婦デュオ=ウィーピーズの2nd。

ほんのり哀愁を漂わせたメロディと飾らない歌声・ハーモニーが幸せな気分にさせてくれる。

なんとも言えない独特のユルさも最高。

おすすめ曲:1、2

 

 

 

6. NICK LOWE「The Old Magic」(2011)

イギリス出身のシンガーソングライター=ニック・ロウによるソロ13作目。

アコースティック楽器中心のシンプルな構成ながら、レトロなオールディーズ風グッドメロディ満載の一枚。

ジャケは最悪ですが内容は素敵です。

おすすめ曲:1、3

 

 

7. MUMFORD & SONS「Sigh No More」(2009)

イギリス出身のカントリーロックバンド =マムフォード&サンズのデビュー作。

バンジョーやマンドリンなどアコースティック楽器による牧歌的ムードと軽快なポップネスが魅力の作品。

素朴でおおらかなメロディを力強く歌い上げるヴォーカルも秀逸。

おすすめ曲:1、2

 

 

8. HERON「Heron」(1970)

【木漏れ日フォーク】の愛称で知られるイギリス出身のヘロンによる1st。

野外で録音したため、小鳥のさえずりやメンバーの会話なんかも収録されているユル〜い一枚。

ヘタウマなヴォーカルハーモニーも味わい深い。

おすすめ曲:1、8

 

 

9. THE LITTLE WILLIES「The Little Willies」(2006)

ジャズシンガー=ノラ・ジョーンズを擁するカントリーバンド=リトル・ウィリーズの1st。

軽快な曲はとことん明るく楽しく、スローなバラードではジャジーに大人っぽく。

のどかで肩の力を抜いた雰囲気はキャンプにピッタリ。

おすすめ曲:1、11

 

 

10. BEN & ELLEN HARPER「Childhood Home」(2014)

アメリカ出身のシンガーソングライター/ギタリスト=ベン・ハーパーが実の母親とコラボした作品。

ベンの代名詞であるミクスチャー色を封印し、フォーク/カントリーに振り切ったアコースティック作品。

交互に歌い、ハーモニーを重ねる...まるで親子の会話を聞いているかのような心地よさ。

おすすめ曲:1、3

 

 

 

▼関連記事