ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【フュアハンド ベイビースペシャル276 レビュー】おしゃれで使い方も簡単な灯油ランタン


f:id:yukichi_camp:20210105100305j:plain
LED、ガス、灯油などいろいろな種類があるランタン。

どうせ使うなら雰囲気のいいランタンがいいですよね。

今回は雰囲気がよくてオシャレなランタンの代表格、フュアハンド「ベイビースペシャル276」をレビューしていきます。


・フュアハンド「ベイビースペシャル276」っていいの?
・扱いが難しかったらイヤだな

こんな疑問が解決できたら嬉しいです。


ぼくはフュアハンド「ベイビースペシャル276」に癒やされています。

自然と調和する優しい明かりが好きなんですよねー。

f:id:yukichi_camp:20210105101912j:plain

フュアハンド ベイビースペシャル276 外観

フュアハンド「ベイビースペシャル276」は1893年にドイツで誕生した灯油ランタンで、シンプルな構造と実用性から全世界で愛用されています。

別名「ハリケーンランタン」とも呼ばれ、ハリケーン(嵐)のような強風でも火が消えることがないので心強いです。


ぼくが愛用しているのはフュアハンド「ベイビースペシャル276」のジンクという色です。
f:id:yukichi_camp:20210105100336j:plain
ジンクってよく分からないと思うんですが、ベーシックなシルバーですね。

で、このジンクは亜鉛メッキ処理されているので錆びにくくなっています。


燃料タンクに「FEUERHAND」の文字。
f:id:yukichi_camp:20210105100401j:plain

モデル名の「276」と、もともと西ドイツで作られていたため「W.GERMANY」と刻まれています。
f:id:yukichi_camp:20210105100425j:plain

そして「BABY SPECIAL」の文字。
f:id:yukichi_camp:20210105100448j:plain

フュアハンド ベイビースペシャル276 特徴

本体寸法 :15cm × 26 cm
重量   :480g
タンク容量:340ml
燃料   :灯油、またはパラフィンオイル
本体   :ガルバナイズドスチール
燃焼時間 :約20時間
明るさ  :5W
カラー  :ジンク含め約10色


【定価】
ジンク ▶ 4,180円(税込)
その他 ▶ 6,600円(税込)〜


燃料はスターパラフィンオイルを使用しています。
f:id:yukichi_camp:20210105101840j:plain
灯油と違ってススやにおいがほとんど出ないので、初心者でも扱いやすいことが利点。

ランタンがきれいに保てるので手入れがラクですよ。

このスターパラフィンオイルはフュアハンド「ベイビースペシャル276」に推奨されています。

メリット

1.雰囲気が良い
2.火の揺らぎに癒される
3.丈夫で半永久的に使える
4.経年変化で味が出る
5.停電時に役立つ


1.雰囲気が良い

LEDランタンでは出せない温かみのある明かりがキャンプサイトを特別な空間に変えてくれます。

フュアハンド「ベイビースペシャル276」そのものの存在感や火を扱うアナログな感じもカッコいいですよね。

2.癒される

フュアハンド「ベイビースペシャル276」の揺らぐ炎を見ているだけで日々のストレスを忘れさせてくれます。

炎って見てるだけで吸い込まれませんか。

3.半永久的に使える

構造がシンプルなので丈夫で壊れにくいです。
実際に70年代のビンテージ品を現役で使い続けている方もいるようです。

4.経年変化

使い込むとだんだん味が出てきます。オンリーワンのランタンを目指して、じっくり育てていくことも楽しいですよね。

5.停電時に役立つ

フュアハンド「ベイビースペシャル276」は電気を使わないので、災害や停電を想定して1台持っておくと安心です。

同時に燃料もストックしておきましょう。

デメリット

1.光量が弱い
2.テント内では使えない(使ったらダメ)
3.多少のメンテナンスが必要

1.光量が弱い

照明としては暗いです。
なので、LEDランタンと組み合わせてサブの照明として使うことをおすすめします。

こんな感じですね。
メイン照明 ▶ LEDランタン
雰囲気作り ▶ フュアハンド「ベイビースペシャル276

2.テント内では使えない(使ったらダメ)

一酸化炭素中毒や火事のキケンがあるので、テント内では絶対に使わないでくださいね。

3.多少のメンテナンスが必要

ホヤ(ガラス部分)の内側が汚れたら取り外して拭く必要があります。

また、火が着く部分=ウィック(芯)は消耗品なのでスペアを用意しておきましょう。

とはいえ、両方ともそこまで頻繁にすることはないので、とくに問題ないと思います。


フュアハンド「ベイビースペシャル276」 点火方法

フュアハンド「ベイビースペシャル276」について、もしかすると点火が難しいんじゃないかと心配している方も多いかもしれません。

しかし難しいことは一切なく、いたってカンタンです。


点火方法を以下でざっくりと解説していきます。


1.タンクに燃料を注入する
中央のキャップをはずして燃料を注入します。
f:id:yukichi_camp:20210105100539j:plain
燃料をこぼさないように気をつけてください。
中が見にくく、どこまで燃料が入っているか分かり辛いので...。

【注意】初めて使用する場合は、燃料を注入してから10分放置してください。芯に燃料を染み込ませてから点火しましょう。


2.左側のレバーを下げる
本体に向かって左側のレバーをグッと押し下げます。
f:id:yukichi_camp:20210105100612j:plain

すると自動的にホヤが持ち上がります。
f:id:yukichi_camp:20210105100910j:plain


3.ウィック(芯)に点火
ホヤの下から見えているウィック(芯)にライターなどで直接点火します。
f:id:yukichi_camp:20210105101002j:plain

点火にはSOTO「スライドガストーチ」を使ってます。
火口が伸びるので安全に点火できておすすめです。


4.ホヤを戻す
本体に向かって左側のレバーを上げて元に戻します。
f:id:yukichi_camp:20210105101545j:plain
ホヤも自動的に元に戻ります。


5.火力調整
本体に向かって右手前の火力調整ハンドルを回すことで、ウィック(芯)の出し入れができます。これで火力を調整します。
f:id:yukichi_camp:20210105101637j:plain

火力を大きくした場合。
f:id:yukichi_camp:20210105101728j:plain

火力を小さくした場合。
f:id:yukichi_camp:20210105101753j:plain

火の高さがだいたい1〜2cmになるように調整しましょう。


6.消化
火力調節ハンドルで火力を小さくしていきます。じわじわとウィックを引っ込めていき、火が消えたらストップ。
f:id:yukichi_camp:20210105101820j:plain
ウィックを引っ込めすぎると、ウィックが燃料タンクに落ちてしまうのでゆっくりやりましょう。


どうでしょうか。
シンプルでカンタンですよね。

ぼくも買う前は難しそうだなと思っていたんですが、実際に使ってみると本当にカンタンでした。

フュアハンド「ベイビースペシャル276」レビュー まとめ

以上、フュアハンド「ベイビースペシャル276」をレビューしてきました。

単に「照明」としてならば、LEDランタンの方が明るくて実用的なのは間違いありません。

しかしフュアハンド「ベイビースペシャル276」には「照明」としてだけではない、異なる魅力があります。


ひとことで言うと、

心が豊かになる

ということです。


・雰囲気にこだわりたい
・焚き火など「火」が好き
・モノに愛着が持てる

こんな人にフュアハンド「ベイビースペシャル276」をおすすめします。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。



▼予備のウィック

▼持ち運びにランタンケースが便利

▼スターパラフィンオイル

▼夏は虫よけ成分が入ったパラフィンオイルを

▼点火におすすめのSOTO「スライドガストーチ」

▼関連記事
yukichi-camp.hatenablog.com
yukichi-camp.hatenablog.com