ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【ソロ〜ふたり向き】キャンプ料理のおすすめ道具10選


f:id:yukichi_camp:20210529103457j:plain

キャンプ料理道具をキャンプでも自宅でも活用しているゆうきちです。

 

いまや各メーカーから様々なキャンプ料理道具が発売されており、選ぶのも迷いますよね。

 

今回はぼくが実際に愛用しているソロ〜ふたり向けのおすすめキャンプ料理道具をご紹介します。

 

どのアイテムも使い勝手バツグンで、自信をもっておすすめできる定番ばかりです。

 

キャンプ料理道具を選ぶ際の参考になれば幸いです。ぜひ最後までお付き合いください。

【ソロ〜ふたり向き】キャンプ料理のおすすめ道具10選

ソロ〜ふたりで使うことを前提にセレクトしています。ファミリーキャンプなど大人数には適さない道具が多いので、そこはご了承ください。

1.ピコグリル398

f:id:yukichi_camp:20201230145820j:plain

ピコグリル398はスイスSTC社製の軽量焚き火台です。グリルとしても使えるため、一石二鳥の優れもの。

 

ソロユースから2~3人までの使用に適しています。ソロキャンプ芸人のヒロシさんが愛用していることでも有名ですね。(参考:ヒロシさん愛用道具のレビュー

 

◆お気に入りポイント◆
  • とにかく軽い。フレームとシェルでたった366g。
  • コンパクト収納。折りたたむとA4サイズに。
  • 5秒で組み立て完了。手間いらず。
  • 焚き火台と調理用グリルを別々で用意する必要がなく、荷物の軽量化が図れる。
  • 直火のため料理が美味しく仕上がる。とくにお肉は絶品。

 

 

>>ピコグリル398 レビューはこちら

 

2.SOTOレギュレーターストーブ

f:id:yukichi_camp:20210422172149j:plain

SOTO「レギュレーターストーブ」は折りたたみ式のシングルバーナーです。 

 

燃料はCB缶(一般家庭用のカセットガス)を使用。およそ5℃の低気温でも一定の火力を維持してくれるため、冬キャンプでも使えます。(参考:キャンプのガス缶はCB缶に統一するべき

 

別売りの「アシストセット」を装備すると、さらに使い勝手がアップ。無敵のシングルバーナーに進化します。

 

◆お気に入りポイント◆
  • 手のひらサイズのコンパクト設計。
  • オールマイティーな使い勝手。湯沸かしから料理まで、キャンプからピクニックまで使うシーンを選ばない。
  • CB缶で経済的。
  • 低気温でも安定した火力。冬キャンプでも使える。
  • 五徳のサイズが絶妙。シェラカップからダッチオーブンまで安定して乗せられる。

 

>>SOTO「レギュレーターストーブ」レビューはこちら

 

3.ユニフレーム 山クッカー角型3

f:id:yukichi_camp:20210108141909j:plain

ユニフレーム「山クッカー角型3」はソロ〜2人に最適な軽量・コンパクトな四角いクッカーです。

 

大・小ふたつの鍋とフライパンがセットになっているため「炊飯」「汁もの・鍋もの」「湯せん」「炒めもの」と全方位に活用できます。

 

◆お気に入りポイント◆
  • インスタントラーメンとの相性◎。麺を割らずに調理可能。
  • レトルトカレーの湯煎にもちょうどよいサイズ。
  • ケトルとしても使える。角からお湯をこぼさずに注げるため、ドリップコーヒーにも重宝。
  • フライパンで料理の幅が広がる。
  • これさえあれば、なんとかなる安定感と安心感。

 

>>ユニフレーム「山クッカー角型3」レビューはこちら

 

4.バウルー シングル

f:id:yukichi_camp:20201224102820j:plain

バウルー シングルは日本製のホットサンドメーカーで、35年以上にわたり家庭やアウトドアで愛され続けている定番です。

 

ガス火のみならず、焚き火にそのまま突っ込んで調理できるのもグッド。

 

上部の留め具を外して分離すると、使い勝手が爆上がりします。簡単にできるので、ぜひ改造してみてください。

 

◆お気に入りポイント◆
  • ホットサンドが外カリッ中フワッと美味しく仕上がる。
  • フライパンとしても使える。焼き餃子やハンバーグなど「蒸し焼き」「炒めもの」にもおすすめ。
  • 焚き火調理との相性◎。
  • キャンプと自宅で年間通して大活躍。

 

>>バウルー シングル レビューはこちら

 

5.トランギア メスティン

f:id:yukichi_camp:20210529130047j:plain

トランギア「メスティン」はスウェーデン生まれのアルミ製飯ごうです。熱が内部に均一に伝わるため炊飯に適しています。

 

炊飯以外にも「パスタ」「煮もの」「蒸しもの」「燻製」などもこなせる万能ぶり。とりあえず一台持っておいて損はない逸品です。

 

◆お気に入りポイント◆
  • 「誰でも」「簡単に」「美味しく」ご飯が炊ける。
  • 焚き火OK。
  • 蒸しものができる。寒い冬のほかほか肉まんは体も心もほっこり。
  • 軽量のため携行性バツグン。
  • 中に小物を収納できる。

 

>>トランギア「メスティン」0.5合の炊飯方法

 

>>トランギア「メスティン」肉まんの蒸し方

 

6.オピネルナイフ ステンレス#10

f:id:yukichi_camp:20210406122341j:plain

オピネルは130年以上の歴史を誇るフランスの老舗ナイフメーカーで、折りたたみ式のステンレス製ナイフが定番です。

 

「世界で最も美しいデザイン 100のプロダクト」に選ばれており、木製ハンドルのおしゃれな外観も高い人気を誇っています。

 

刃が薄いため薪割りには不向きですが、調理用ナイフとしては過不足なく使いやすいです。 

 

◆お気に入りポイント◆
  • 温かみのあるデザインがおしゃれ。
  • コンパクト。
  • 刃が飛び出さないようロックできるため安全。
  • #10が使い勝手よし。刃渡りが100mmあるので、大きめの野菜や塊の肉、パンにも対応可能。
  • コスパ高い。
  • 使い込むほどに味わいが増すため愛着が湧く。

 

>>オピネルナイフ ステンレス#10 レビューはこちら

 

7.遊火パン

f:id:yukichi_camp:20210529130058j:plain

遊火パンは190×140×厚さ4.5mmのソロキャンプ用黒皮鉄板です。蓄熱性が高いためお肉が美味しく焼けます。

 

四辺のフチがせり上がっているため、油や調味料などが落ちません。

 

また、抜き差し可能なハンドルはしっかりしており、安定感があります。
 

◆お気に入りポイント◆
  • ソロキャンプにジャストのB6サイズ。
  • 油が垂れないため、テーブルや調理器具が汚れない。
  • スペックのバランスがよい。
  • コスパが高い。
  • 使い込むほどに味わいが増すため愛着が湧く。

 

 

8.ポーレックス コーヒーミル2

f:id:yukichi_camp:20201216113431j:plain

ポーレックス「コーヒーミル2」は日本製の小型コーヒーミルです。

 

ステンレス製ボディはサビに強く丈夫。また、簡単に分解できるため、パーツごとに水洗いが可能です。

 

キャンプ場で挽きたてのおいしいコーヒーはいかがでしょうか。目覚めのコーヒータイムやコーヒー片手に焚き火を眺める時間ががさらに豊かになります。

 

◆お気に入りポイント◆
  • コンパクトなためキャンプやピクニックにも気軽に持って行ける。
  • デザインがシンプルなためどんなシーンにも合う。
  • 好みの味(粒度)に調節可能。
  • 水洗いできるため清潔に保てる。
  • 自宅でもスタメンで使える。

 

>>ポーレックス「コーヒーミル2」レビューはこちら

 

9.スノーピーク チタンダブルマグ300ml

f:id:yukichi_camp:20210414132605j:plain

スノーピーク「チタンダブルマグ」は軽量なチタンでできたダブルウォール(二重構造)のマグカップです。


つまり、チタンを二重にして、あいだに空気を挟んだ構造になっているため保温性が高いといわれています。

 

ハンドルをコンパクトに折りたためるため、収納しやすい形状です。

 

◆お気に入りポイント◆
  • 軽量。300mlサイズで93g。
  • チタン製のため口元が熱くならない。
  • 手に持っても熱くない。
  • 飲み口がなめらかで、くちびるにフィット。
  • 自宅でも365日使い倒せる。
  • 経年変化が楽しめる。使い込むことでチタンならではの複雑な色味に変化。

 

>>スノーピーク「チタンダブルマグ」レビューはこちら

 

10.トランギア ケトル0.9L

f:id:yukichi_camp:20210529130121j:plain

メスティン」で有名なトランギアのアルミ製ケトル。ころんとしたフォルムがかわいらしいシンプルなデザインです。

 

お湯を注ぐだけならクッカーで代用できるものの、やっぱりあると便利。コーヒーやお湯割りには欠かせません。
 

◆お気に入りポイント◆
  • 0.9Lがソロ〜ふたりに使い勝手がよい。
  • 焚き火OK。
  • 過不足ないシンプルさ。
  • 愛着が湧く。スス汚れも味わいのうち。

 

 

【ソロ〜ふたり向き】キャンプ料理のおすすめ道具10選 まとめ

ソロ〜ふたり向きのおすすめキャンプ料理道具を紹介してきました。

 

どれも使い勝手バツグンで、とりあえず持っていても損がないアイテムばかりです。

 

以上が参考になると幸いです。長く愛用できるキャンプ料理道具をぜひ見つけてみてください。

 

 

▼関連記事