ソトマチCAMP

キャンプギアとアウトドアウェアのレビューブログ

MENU

【アークテリクス「スコーミッシュフーディ」レビュー】サイズ選びはワンサイズ小さめがおすすめ


f:id:yukichi_camp:20210720170335p:plain

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」ってアウトドアウェアなのにオシャレですよね。

 

ぼくは春/秋のアウターとしてずっと検討していたのですが、今回ようやく購入しました。

 

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」について

  • サイズ感を知りたい
  • 着心地はどう?
  • 洗濯はどうしたらいい?

こんな疑問にお答えしていきます。

 

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」をレビューしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

あわせて読みたい

 

アークテリクス スコーミッシュフーディ 外観

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」はカナダのアウトドアメーカー【ARC'TERYX 】の定番商品で、変わりやすい天候に適した軽量ウィンドシェルです。

 

ぼくは178cm76kgでブラックのMサイズを購入しました。

f:id:yukichi_camp:20210125161720j:plain

f:id:yukichi_camp:20210125161739j:plain

f:id:yukichi_camp:20210125161926j:plain

 

胸ポケットにリフレクターロゴが入っただけのミニマムなデザイン。

f:id:yukichi_camp:20210125161823j:plain

 

ジッパーはYKK製。

つかみやすく滑りにくい素材が使われています。

f:id:yukichi_camp:20210125161847j:plain

あごまでジッパーを閉めることができるので、首元からの冷気を遮断できますね。

 

フード前方は生地が厚めになっており「帽子のつば」のような感じになっています。

f:id:yukichi_camp:20210125161903j:plain

 

フード後頭部のドローコードを絞ることでフィット感の調節が可能。

f:id:yukichi_camp:20210125162027j:plain

 

裾の内側のアジャスターコードを絞れば風の侵入を防げます。

f:id:yukichi_camp:20210125162046j:plain

アークテリクス スコーミッシュフーディ 特徴

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」の特徴を見ていきましょう。

スペック

素材:TYONO30 ナイロン

重量:140g

フィット:トリムフィット(やや細身)

製造地:バングラデシュなど

価格:24,200円(税込)

 

 

素材は日本の東レが開発した「TYONO30」ナイロン。

わざわざこんなタグを付けるほど推しています。

f:id:yukichi_camp:20210125162215j:plain

「TYONO30」は以下に優れたハイテク素材です。

  • 撥水性
  • 通気性
  • 防風性
  • ストレッチ性

 

アウトドアに必須の条件がすべて揃っていますよね。

 

で、持ち運びに便利なパッカブル仕様。

 

収納袋に入れるタイプではなく、胸ポケットに収納できるようになっています。

 

どういうことかというと、

 

胸ポケットの奥にある輪っかを引っ張り出して...

f:id:yukichi_camp:20210125162259j:plain

 

そのまま胸ポケットの裏側に本体をグイグイ押し込んでいきます。

f:id:yukichi_camp:20210125162241j:plain

 

...するとこんなに小さくなります。

f:id:yukichi_camp:20210125162316j:plain

すべて収納すると500mlペットボトルよりもコンパクトに。

 

重量は140g。

f:id:yukichi_camp:20210125162334j:plain

めちゃくちゃ軽いですね。

 

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」はおもにバングラデシュで製造されています。

f:id:yukichi_camp:20210125162141j:plain

ぼくは楽天市場の「雑貨倉庫TOKIA」さんで並行輸入品を購入したのですが、同じくバングラデシュ製造でした。日本の正規代理店「アメアスポーツジャパン」の表記もあります。

 

ネットショップを見てみると、並行輸入品はだいたい15,000円〜18,000円で販売されているようですね。

 

◆並行輸入とは◆
正規代理店を通すルートとは別ルートで正規品(本物)を輸入することです。安く買えるメリットがありますが、アフターフォローが受けれなかったり、まれにコピー品を販売している場合があるので注意が必要です。

 

6つのメリット

  1. 快適な着心地
  2. 長く着れる
  3. 街着としてもオシャレ
  4. 3シーズン対応
  5. 持ち運びが便利
  6. 洗濯機OK

 

1. 快適な着心地

  • 軽量
  • ストレッチ

のため、ほぼノーストレスです。

 

あともうひとつ大きなポイントが袖口の処理。

 

ゴムが半分しか入ってないことが分かりますかね。

f:id:yukichi_camp:20210125162001j:plain

シワが寄っている部分だけにゴムが入ってます。

 

これが締まりすぎず、緩すぎずで絶妙なフィット感なんですよ。

 

こういう袖口の処理は初めてだったんですが、「ちょっとした工夫で着心地が変わるんだな」と感心してしまいました。


2. 長く着れる

デザインがシンプルなので流行に左右されません。

 

こういう服が一着あると助かりますよね。年齢も関係ないですし。


3. 街着としてもオシャレ

シルエットが洗練されているので、アウトドアウェア特有の野暮ったさがまったくありません。

 

なかでもブラックは都会的な雰囲気すら感じさせます。


4. 3シーズン対応

肌寒かったり暖かかったりと服装に悩む春/秋にアークテリクス「スコーミッシュフーディ」があると助かります。

 

保温性能は低いので冬は厳しいですが、逆に夏は使えますよ。

エアコンが効きすぎた室内でサッと羽織るのにもピッタリ。


5. 持ち運びが便利

コンパクトに収納できるので荷物になりません。

お出かけや旅行のときにカバンに忍ばせておくと心強いですよね。


6. 洗濯機OK

家庭の洗濯機でふつうに洗えます。

 

30℃くらいのぬるま湯で洗うのがベストですが、以下の注意点だけ守ればあまり気にしなくてもいいです。

  • 柔軟剤NG
  • アイロンNG

 

クリーニング代が節約できるのでありがたいです。

 

3つのデメリット

  1. 収納ポケットが少ない
  2. 収納時のシワ
  3. 焚き火NG

 

1. 収納ポケットが少ない

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」は胸ポケットひとつだけで、両サイドにポケットがないんですよ。

f:id:yukichi_camp:20210125162553j:plain

ぼくはこの点で購入をすこし迷いましたが、カバンを持てばいいだけなので大きな問題ではないと思います。

 

むしろポケットを省いたことで軽量化につながり、着心地がアップしているとも考えられますよね。

 

2. 収納時のシワ

コンパクトに収納できるのはいいのですが、かなりギュウギュウに押し込むのでシワになります。

 

収納したままで長時間放置するのはおすすめしません。家ではハンガーに吊るして保管しましょう。

もしくは別ですこし大きめの収納袋を用意するかですね。

 

まぁアウトドアウェアなので、そこまで神経質になる必要はないと思いますが...。


3. 焚き火NG

キャンプで着る場合は焚き火に注意です。ナイロン100%なので火の粉で穴が空きます。

 

どうしても焚き火をするのであれば、脱ぐかコットンのアウターやシャツを羽織りましょう。

 

サイズ感

ぼくは178cm76kgですが、Mサイズでジャストでした。

中にインナーとシャツを着てこんな感じです。

f:id:yukichi_camp:20210125162404j:plain

ゆとりはありませんが、ストレッチが効いているので動きやすいです。厚手のニットやスウェットはちょっと厳しいかもしれません。

 

袖も長すぎずちょうど良い感じ。

f:id:yukichi_camp:20210125162435j:plain

 

袖をめいっぱい伸ばしてもこんな感じ。

f:id:yukichi_camp:20210125162451j:plain

もし、Lサイズだと袖が長すぎるでしょうね。

 

アークテリクスの表記サイズはUSサイズなので、通常着ているサイズよりもひとつ下のサイズを選ぶことをおすすめします。

 

なのでぼくの場合は、

通常Lサイズ ▶ Mサイズ

です。

 

【サイズ表】単位:cm

  着丈 身幅 肩幅 袖丈
XS(US)
71
52
43
61
S(US)
73
53
45
64
M(US)
75
55
47
66
L(US)
77.5
59
50
67

 

他社ウインドシェルとの比較

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」と他社の定番ウインドシェルを簡単に比較します。

              画像 重量 フィット 価格

アークテリクス

スコーミッシュフーディ

 

140g
やや細身
¥24,200

ノースフェイス

コンパクトジャケット

345g
     やや大きめ
¥14,300

ノースフェイス

スワローテイルフーディ

 

160g
やや細身
¥17,600

パタゴニア

フーディニ

 105g
大きめ
¥14,850

 

やはり気になるのは価格ですが、アークテリクス「スコーミッシュフーディ」は並行輸入品だと15,000円〜販売されているので大きな差はないかと思います。

 

重量はパタゴニア「フーディニ」が圧倒的に軽いですね。しかし、パタゴニアはサイズ選びがとても難しいんです。ぼくの体型(178cm76kg)でSサイズがピッタリだったケースもあるくらい。なのでパタゴニアは実店舗で試着したほうが無難です。

 

ノースフェイスは人気が高く、着ている人も多いので、他人とあまり被りたくなければアークテリクス「スコーミッシュフーディ」かなという印象です。 

 

 

 

 

「アークテリクス スコーミッシュフーディ レビュー」まとめ

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」をレビューしてきました。

 

アークテリクス「スコーミッシュフーディ」はスタイリッシュなうえに着心地もバツグンに良いので、アウトドアやスポーツだけでなく、街着としてもおすすめです。

 

ぼくも春〜秋の3シーズン着倒そうと思っています。

 

以上、参考になると嬉しいです。

 

 

▼ぼくが購入した「雑貨倉庫TOKIA」さんは【日本流通自主管理協会(AACD) 】に加入しており、信頼できる確かなルートより仕入れているようなので安心して購入できます。楽天、Amazon、Yahoo!に出店されています。

 

▼関連記事