ゆうきちのDig Dig METAL

メタル歴25年の会社員。かつては某外資系CDショップでHR/HM部門のバイヤーを担当。 当ブログでは『メタルの裾野を広げる』ことを使命として、新譜レビューや名盤ガイドなど情報発信しています。

キャンプ-キャンプ音楽

【キャンプ×音楽】日々の喧騒を忘れて リトル・ウィリーズ

今回はアメリカのカントリーバンド、リトル・ウィリーズを紹介します。作品は2006年発表の1st「The Little Willies」。本作ののどかな雰囲気は春キャンプのBGMにおすすめです。 THE LITTLE WILLIES「The Little Willies」(2006)このバンド、ジャズシンガー…

【キャンプ×音楽】春キャンプのBGMに ヴァンパイア・ウィークエンド

今回はアメリカのインディロックバンド、ヴァンパイア・ウィークエンドを紹介します。作品は2019年発表の4作目「Father Of The Bride」。 バンド名に「Vampire=吸血鬼」とありますが、めちゃくちゃ爽やかでオシャレですのでご安心を。 寒い冬も終わり、いよ…

【キャンプ×音楽】愛犬とキャンプ ニッティー・グリッティー・ダート・バンド

今回はアメリカのニッティー・グリッティー・ダート・バンドを紹介します。作品は1970年発表の「アンクル・チャーリーと愛犬テディ」。(原題は「Uncle Charlie & His Dog Teddy」) NITTY GRITTY DIRT BAVD「Uncle Charlie & His Dog Teddy」(1970)ジャケ…

【キャンプ×音楽】雪中キャンプに ブルース・コバーン

今回はカナダのシンガーソングライター、ブルース・コバーンが1971年に発表した2ndアルバム「雪の世界」を紹介します。原題は「High Winds White Sky」なのですが秀逸な邦題ですよね。ジャケットと見事にリンクしています。このジャケット、眺めているだけで…

【キャンプ×音楽】親子愛 ベン・ハーパー

今回はベン・ハーパー&エレン・ハーパーの2014年作「Childhood Home」を紹介します。ベン・ハーパーはアメリカ出身のシンガーソングライター/ギタリストでソロからバンド、その他様々なミュージシャンとのコラボまで実に多彩な活動をしています。で、今回紹…

【キャンプ×音楽】ほっこり夫婦デュオ ウィーピーズ

アメリカのアコースティックポップ夫婦デュオ、ウィーピーズの2006年作「Say I Am You」を紹介します。まず目を引くのがこのジャケット。かわいいですよね。部屋に飾ってもおしゃれです。 THE WEEPIES「Say I Am You」 ジャケット同様に音楽も素敵でして、ほ…

【キャンプ×音楽】霧深い山で ザ・チーフタンズ

今回はザ・チーフタンズの「The Long Black Veil」を紹介します。 秋冬のソロキャンプのお供にどうぞ。 ザ・チーフタンズ 1962年、パディ・モローニを中心にアイルランドで結成。当時は見向きもされなかったアイルランド伝統音楽に現代的なアレンジを施し、…

【キャンプ×音楽】雨宿りにアイアン・アンド・ワイン

今回はアイアン・アンド・ワインの「Our Endless Numbered Days」を紹介します。 天気が良い日のキャンプは気持ちが良いもの。しかし、あいにくの雨の日だってあるはず。そんな日にこそオススメの一枚です。 アイアン・アンド・ワイン 米サウスカロライナ州…

【キャンプ×音楽】爽やかに ジェイソン・ムラーズ

今回はジェイソン・ムラーズの「We Sing.We Dance.We Steal Things」を紹介します。 グループやファミリーキャンプにおすすめの爽やかな一枚。 ジェイソン・ムラーズについて アメリカ出身のシンガーソングライター。 アコースティックギターをベースに、レ…

【キャンプ×音楽】焚き火の前で ニック・ドレイク

今回はニック・ドレイクの「Five Leaves Left」を紹介します。 ソロキャンプで是非どうぞ。焚き火でもしながら物思いにふけるのもいいかもしれません。 ニック・ドレイクについて イギリスのシンガーソングライター。1969年に「Five Leaves Left」でデビュー…

【キャンプ×音楽】気持ちのよい朝に ニック・ロウ

今回はニック・ロウの「The Old Magic」を紹介します。キャンプ2日目の朝にどうぞ。コーヒーを淹れてぼんやりと耳を傾ける。それだけで良い1日になりそうな気がします。 ニック・ロウについて イギリス出身のシンガーソングライター/ベーシスト。 パブロッ…

【キャンプ×音楽】深海へ ジェイムス・ブレイク

今回はジェイムス・ブレイクの「The Colour In Anything」を紹介します。 似合うのはソロキャンプ。しかも夜のとばりが下りてから。まぶたを閉じて。 ジェイムス・ブレイクについて 2011年の1stアルバム「ジェイムス・ブレイク」で衝撃のデビューを飾り、ジ…

【キャンプ×音楽】軽快!マムフォード&サンズ

今回はマムフォード&サンズの「Sigh No More」を紹介します。 似合うのはグループキャンプか、ちょっと渋めなのでソロもいいですね。 マムフォード&サンズについて 2007年にロンドンで結成されたカントリーロックバンド。 デビューアルバム「Sigh No More」…

【キャンプ×音楽】深淵なるジョニー・キャッシュ

今回はジョニー・キャッシュの「American IV: The Man Comes Around」を紹介します。 似合うのは断然ソロキャンプ。スキットルでウィスキーをちびりちびりとやりたくなる名盤です。 ジョニー・キャッシュについて カントリーやロカビリーを歌うアメリカのシ…

【キャンプ×音楽】静かなる高揚 フリート・フォクシーズ

今回はフリート・フォクシーズの1stアルバム「Fleet Foxes」を紹介します。我が家では車内BGMとして聴くことが多く、キャンプ気分を盛り上げるのに重宝しています。 フリート・フォクシーズについて フロントマンのロビン・ペックノールドが中心となり結成さ…

【キャンプ×音楽】ぽかぽか木漏れ日フォーク ヘロン

今回はヘロンの1stアルバム「Heron」を紹介します。 素朴で牧歌的なフォークサウンドはまさにキャンプミュージックと呼ぶにふさわしい1枚です! ヘロンについて 【木漏れ日フォーク】の愛称で知られる英国のフォーク・グループ。 知名度はほぼゼロに等しいの…

【キャンプ×音楽】絶望注意!スティーヴ・フォン・ティル

今回はスティーヴ・フォン・ティルの「As The Crow Flies」を紹介します。 キャンプミュージックとしておすすめするのですが、これはある意味キケンな一枚です。 スティーヴ・フォン・ティルについて 「・・・誰?」99.99%の人はそうだと思います。 エクス…

【キャンプ×音楽】ひなたぼっこのお供に ジェームス・イハ

今回はジェームス・イハの「Let It Come Down」を紹介します。カップルやファミリーキャンプにもおすすめの優しさ溢れる一枚です。 ジェームス・イハについて 90年代を代表する米オルタナティブロックバンド=スマッシング・パンプキンズのギタリストです。…

【キャンプ×音楽】男のソロキャンに ブルース・スプリングスティーン

今回はブルース・スプリングスティーンの「Nebraska」を紹介します。ロックンロールのイメージが強いブルース・スプリングスティーンですが、本作はキャンプミュージック的に「オイシイ」一枚なのです。 ブルース・スプリングスティーンについて 米ニュージ…

【キャンプ×音楽】旅音楽の決定版 エディ・ヴェダー

今回はエディ・ヴェダーの「Into The Wild」を紹介します。 キャンプはもちろん、私は道中の車内BGMでヘヴィロテしてます。 旅に出る感がめちゃくちゃ出るのでおすすめです! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); エディ・ヴェダーについて …

【キャンプ×音楽】冬キャンにおすすめ ボン・イヴェール

今回はボン・イヴェールの1stアルバム「For Emma,Forever Ago」を紹介します。キャンプでは必ず聴くと言っても過言ではないくらいに我が家では定番の一枚です! ボン・イヴェールについて ボン・イヴェールは米ウィスコンシン州出身のシンガーソングライター…